ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

旬の花とめぐる浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパークは、ホームページやSNSの更新を通して現在のガーデンパークの情報を配信しています。
確認してみると、花博の跡地とあってやはり花に関する情報が多く掲載されていました。

その中でも今回は、月に2~3回程度更新される「今見頃の花情報」に注目。
「今が旬!」の花を巡りながら歩く浜名湖ガーデンパークの調査報告です!

南主園路からスタート

今回調査に向かったのは暑さも本格的になってきた7月29日。
7月14日に撮影、更新された「今週の花みごろ」をもとに調査を行います。

7月見頃を迎えた花は「ユーカリフラワーガムオレンジ」「アメリカフヨウ」「エキナセア」「タイタンビカス」「ハマボウ」「プルンパゴ」「ムクゲ」の7種類。
それぞれ花の写真や咲いている場所の情報が載っています。

「南エボ橋」から早速園内へ。
「南主園路」とよばれる「ふれあい花壇」の脇の大きな道で、早速「見頃の花」を発見しました。

ガーデンパーク_プルンパゴ

通路右側に写る小さな花は「プルンパゴ」。

ガーデンパーク_プルンパゴ2

涼し気な青色の花が特徴の熱帯花木です。イソマツ科プルンパゴ属に属し、和名は「ルリマツリ」。漢字では「瑠璃茉莉」と表記します。名前まで可愛らしいですね。初夏から晩秋まで長期間にわたって、小さな花が手毬状に次々と開花するそうなので、もうしばらくは見頃を楽しめるのではないでしょうか。

そのまま大きな道を道なりに進んでいくと、東西水路にかかる「かえで橋」へとたどり着きました。

ガーデンパーク_かえで橋

ホームページの情報では、「国際庭園」にも旬の花はあるとのこと。
かえで橋のすぐ横にある細い道から、国際庭園へと向かいます。

この記事の関連タグ

0件のコメント

旬の花とめぐる浜名湖ガーデンパークについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事