ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

大人が本気で挑む!浜北森林アスレチック

第2位 15.富士あおぎみわたり

健康得点:最後までできた3点/半分以上できた2点/できない0点
難易度:★★★★☆
根気:★★★★★

日本一の山、富士山を仰ぐため、ロープを仰向けにぶら下がってわたる「富士あおぎみわたり」。

アスレチック_15看板

筋力、体力ともに必要なアスレチックです。揺れるロープはしがみつきすぎても先に進めないため、足でうまくぶら下がりながら、少しずつ移動していきます。
年季の入ったロープに思いきり足をかける勇気も必要。雨上がりはさらに難易度アップです。

アスレチック_富士あおぎみわたり
ハマラボ2名は残念ながら速攻ギブアップでした。
意外とロープが長いため、健康得点満点を目指すにはかなりの根気が必要かと思われます。挑戦する際は気合を入れてくださいね!
頭に血が上るので変顔必須。お友達同士では盛り上がるかもしれません。

第1位 8.二条の滝突破

健康得点:全部できた3点/半分できた2点/できない0点
難易度:★★★★★
筋肉痛:★★★★★

二つのネットを乗り越えるアスレチックです。厄除け「身代わり不動」として知られる不動寺の、123段の石段の途中にある二条の滝をイメージして作られました。

アスレチック_8看板

簡単そうに見えるこちらのアスレチックの問題は、このネットが揺れること。

アスレチック_二条の滝突破

固定されたネットではないので、腕をかけ、足をかけるたびに奥に行ってしまいます。腕の筋力が必要とされるため、運動不足のハマラボ研究員はギブアップ。少し登ったところで動けなくなりました。
乗り越えられた所長によると、一番上の部分でネットをまたぐ際にも、不安定な揺れが怖いとのこと。

アスレチック_二条の滝突破2

意外にも強敵のアスレチックでした。そのシンプルな見た目からは想像しがたい難易度で、見事第1位を獲得。ぜひ万全の覚悟を持って挑戦してみてくださいね。

最後まで頑張ったら努力賞

40ポイントを終えたハマラボメンバーの消費カロリーは384㎉。後半バテてしまい、健康得点を稼げなかったせいか、ポテトチップス1袋にも満たない消費カロリーでした。(ポテトチップス1袋85gは約450㎉)

アスレチック終了後、受付で希望すれば、アスレチックを頑張りましたで賞の「努力賞」カードをもらえるようですよ。

アスレチック_努力賞

浜北森林アスレチックの思い出に、ぜひもらいたいものですね。

結果報告

思っていた以上に、難しいアスレチックが多く本気になって取り組みました。
翌日はしっかり筋肉痛。楽しみながらいい運動になりましたよ。
子供には簡単で大人には難しい、といったアスレチックもあるので、家族で行けばお子様がヒーローになれるかもしれません。
森の中は木陰で涼しいのですが虫がいるため、長袖長ズボンがおすすめ。万全の装備でアスレチックを楽しみましょう!

この場所のスポットページを見る

浜北森林アスレチック

この記事の関連タグ

0件のコメント

大人が本気で挑む!浜北森林アスレチックについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事