ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

水窪を一望する山城、高根城って知ってる?

高根城_大手門

平成5年の発掘調査をもとに復元整備された本曲輪は、武田氏による改装後の高根城を再現したもの。
奥山氏が居城としていた当時は、堀や櫓などはなく、竹で城塁の斜面が覆われた砦のような城であったといいます。

高根城_井楼櫓

高根城のシンボルともいえる井楼櫓は高さ約8m。発掘された柱穴をもとに、釘を使わない当時の建築技術で復元しているのだそう。

高根城_本曲輪

本曲輪を抜けると、その先には二の曲輪、三の曲輪が直線に並んでいます。単純な構造ではありますが、曲輪の間には堀切があり、その上に橋や梯子をかけることで行き来していたようです。
利便性よりも敵を迎え撃つことに重きを置いた「戦うための城」であったことが感じられます。

高根城_堀切

二の曲輪と三の曲輪の間にある堀切はなんと深さ約6m。

また、高根城は各曲輪を結ぶ城内道がほぼ完全な形でみつかっています。これは大変珍しいことなのだとか。

高根城_城内道

城内道は街道から見えない曲輪東側中腹に設けられており、橋や梯子、柵などを利用した折れ、昇り降りによって防御強化が図られているのだそうですよ!確かに武装した兵士が梯子や柵を乗り越えていく、というのは容易なことではなさそうです。

この記事の関連タグ

0件のコメント

水窪を一望する山城、高根城って知ってる?について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事