ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

断崖絶壁からの絶景!獅子ヶ鼻公園

磐田市の北部、豊岡地区にある、獅子の鼻の形をした大岩をご存知ですか?
弘法大師が修行をしたという伝説が残るその岩山は、現在「獅子ヶ鼻公園」として整備されています。
今回はその「獅子ヶ鼻」を現地調査!断崖絶壁からの絶景をご報告致します!

獅子ヶ鼻公園とは?

獅子ヶ鼻公園は、磐田市岩室にある公園です。遊歩道やアスレチックが整備され、春は桜やつつじ、秋は紅葉を見物する人々でにぎわいます。

獅子ヶ鼻公園_案内看板

岩山の上に位置し、標高はおよそ260m。断崖絶壁の展望台からは、遠くアクトシティまで見渡すことができます。

獅子ヶ鼻公園の名前の由来となった大岩は、既存の岩石などが破砕され、機械的に運ばれて堆積することによってできる堆積岩で、その昔は「牛ヶ鼻」と呼ばれていたようですが、安政の大地震で一部が欠け落ちたことによって今の名前になったのだとか。
獅子の鼻の形をした大岩、迫力のある素晴らしい景色が撮れそうでワクワクします!

名物!?獅子のトイレ

駐車場に車を停め、早速公園内へと向かおうとした研究員の目に飛び込んできたのは、とてもユニークな形のトイレ。

獅子ヶ鼻公園_獅子のトイレ

大きな獅子が描かれたこちらのトイレは獅子ヶ鼻公園の名物になっており、テレビで取り上げられたこともあるのだそう。
入口のサイズから、その大きさや迫力が伝わるかと思います。

獅子ヶ鼻公園_獅子トイレ顔

ちょっと怖い

目にはガラスがはめられており、その昔は人が近づくと光る仕掛けがあったのだとか。夜景が美しいことでも知られる公園ですが、このトイレは夜見たら少し怖そうです。

獅子ヶ鼻公園_獅子トイレ横から

横から見ると意外と薄い

立体的で今にも飛び出してきそうな獅子は、「獅子ヶ鼻にちなんだものを」と、ここ豊岡で明治25年(1892年)から創業の「広瀬タコヤ」凧職人の方がデザインしたものです。
広瀬凧は天竜川流域に生える良質な竹と豊かな水を使った手漉き和紙で作られた「遠州名物」。
地域らしさがつまった自慢のトイレなんですよ。

この記事の関連タグ

0件のコメント

断崖絶壁からの絶景!獅子ヶ鼻公園について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事