ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

風紋を見よう!冬の中田島砂丘

中田島砂丘入口から海岸までは、徒歩7~8分。
その間、風の吹く方向や砂の粒子の大きさで微妙に変わる模様を楽しむことができます。

中田島砂丘冬_風紋アップ

調べてみたところ、砂の大きさは普通、内陸部で0.3mm、海岸に近い場所では0.7mm程度。
内陸部の方が水分を含まず、粒子が小さいためさらさらしていました。

もっと楽しむための砂丘装備

表情豊かな絶景を見せてくれる中田島砂丘ですが、風を遮るものがないうえさらさらとした砂の上はかなり歩きづらい!
そこで砂丘を全力で楽しむための装備を考えてみました!

砂丘を全力で楽しむための装備①徹底的に防寒
静岡県西部は比較的温暖な地域といわれますが、遠州のからっ風に吹きさらされる中田島砂丘は本当に寒い!コートはもちろん、カメラやスマートフォンを持つ手がかじかまないよう、手袋などもあるといいかもしれません。
砂丘を全力で楽しむための装備②歩きやすく、中敷きを外すことができる靴
軟らかい砂には想像以上に足をとられます。歩きやすい靴で挑むのはもちろん、どうしたって入ってしまう細かい砂を取り除けるよう、中敷きが外れるようになっていると安心です。
砂丘を全力で楽しむための装備③マスクと眼鏡
強い風がもたらすのは寒さだけではありません。風に巻き上がった砂が目や口に入る!なんてこともあるので、マスクや眼鏡をお持ちの方は着用をおすすめします。

中田島砂丘冬_風紋2

きれいに風紋を見るポイントと、全力で楽しむための装備がわかれば、あとは絶景を楽しむのみ!ぜひ実際に訪れて冬の中田島砂丘の魅力を感じてみてくださいね!

結果報告

冬の海沿いはなかなか訪れる機会がないもの。
しかし、中田島砂丘は冬には冬の楽しみ方がありました!
風と柔らかい砂という条件が重なって初めてできる風紋は、中田島砂丘が映画やPVのロケ地として選ばれている理由のひとつでもあるそうです。
ぜひ実際に足を運んで、自然が作り出す芸術を楽しんでみてくださいね。

この場所のスポットページを見る

中田島砂丘

この記事の関連タグ

0件のコメント

風紋を見よう!冬の中田島砂丘について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事