ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

フルーツパークで童心に返る

童心に戻って!

幼い頃の記憶に残っている「フルーツオーケストラ」にやってきました。

フルーツパーク遊具1

フルーツパークならではのフルーツの形をした、大型遊具が集まっているエリアです。
ふわふわマットなど、一部は有料ですが「フルーツオーケストラ」は無料で遊ぶことが出来るので、小さなお子様を連れて行ってみてください。

そして・・・

フルーツパーク遊具2

虹色のトンネルです。何故か分かりませんが、最も記憶に残っている遊具です。ここをくぐってからいろいろな遊具で遊びに行く という流れが「フルーツパークへ来た!」と感じるポイントでした。

フルーツパーク遊具3

パイナップルタワーです。パイナップルの中は長い階段がらせん状になっています。園内で最も大きな遊具で、フルーツオーケストラのシンボル的存在です。パイナップルの上からのびる滑り台は爽快です!

フルーツパーク遊具4
バナナのレールウェイです。
子供の頃の感覚ですが、それなりの速度と「バナナに当たりそう!」的なスリルを味わうことが出来ます。

フルーツパーク遊具5
オレンジのジャングルジムです。
このジャングルは変わった形をしていておもしろいですね。考え次第で色々な遊びが出来そうです!同じような形の「カキのブランコ」もあります。

フルーツパーク遊具6
メロンのメリーゴーランドブランコです。
タイヤの部分がブランコ状になっていて、全体がメリーゴーランドのように回るようになっています。上の階にも中の階段からのぼることができます。
これは手動で回す仕組みになっていて、結構力がいるのでお母さんお父さんが協力して回したり・・・という光景をよく見ました。

フルーツパーク遊具7
リンゴのローラー滑り台です。
勢いの付け方次第で早くも遅くも滑ることが出来ます。ずっと乗っているとおしりがふわふわする感じになるのもローラー滑り台ならではですね。

疲れました!

フルーツパーク木彫りのパンダ

久しぶりにフルーツパークへ行ってみた訳ですが、昔とは変わっていて新鮮に感じるところもありつつ、子供の頃の記憶が蘇る懐かしい気持ちになることも出来ました。
小さい頃の思い出が、色褪せずそのままの形で残っていることは、浜松に住む人間としてはとても嬉しく感じました。

浜松で生まれ育った方の中には「フルーツパーク行ったことある!」という方はきっと多いと思います。
親子二世代で少し違った楽しみ方が出来る「フルーツパーク」へ行ってみるのはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれません。

結果報告

大人が童心に返ってはしゃぎ回ると、肉体の疲労は想像を超える。

この場所のスポットページを見る

はままつ フルーツパーク時之栖(ときのすみか)

この記事の関連タグ

0件のコメント

フルーツパークで童心に返るについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事