ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

猪鼻湖の3つの謎を調査!

浜名湖北西部に位置する猪鼻湖は、大崎半島と本城山との間の猪鼻瀬戸で浜名湖に通じる、面積5.5k㎡、周囲12kmの枝湾です。
湖口の岩山にある、「猪の鼻のような形をした岩」がその名の由来。
湖岸の岩上には猪鼻湖神社があり、湖口をまたぐ瀬戸橋からは境内の赤い太鼓橋と、石造りの鳥居を見ることが出来ます。

猪鼻湖_神社遠景

今回は、猪鼻湖にまつわる3つの謎を調査!その結果をご報告いたします!

謎その①猪鼻湖神社って?

猪鼻湖神社は、猪鼻湖岸に位置する神社です。創祀年代は不詳ですが、周辺には貝塚等弥生時代後期の遺跡が多いことから、そのころ祭祀が始まったと考えられています。
御祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、市桙姫命(いちきしまひめのみこと)。

武甕槌命(たけみかづちのみこと)とは?
日本神話に登場する神で、秋葉神社の御祭神である火之迦具土大神が首を切り落とされた際にその血から生まれました。武勇・戦勝・勝運や、開拓・平和外交の神として知られています。ここ猪鼻湖神社では海上安全や豊漁の神としても信仰があります。

市桙姫命(いちきしまひめのみこと)とは?
日本神話に登場する水の女神です。家運隆昌、海上安全、五穀豊穣をもたらす神として信仰されているほか、縁結びのご神徳でも知られています。神仏習合以降は弁才天と同一視されることも。

元々は猪鼻岩上で別々に祀られていましたが、昭和50年(1975年)2月に本殿が改築され、その際に2柱合祀されました。

境内はどうなってるの?

猪鼻湖神社には、瀬戸橋東側から遊歩道を歩いて行くことが出来ます。

猪鼻湖_案内看板

遊歩道と猪鼻湖に面した岩の上にそれぞれ石造りの鳥居がありました。

猪鼻湖_鳥居

鳥居をくぐると、早速大きな岩と、その岩を上るための手すりが見えます。
境内はほぼ岩山。太鼓橋のある境内中心部以外はごつごつした岩肌を上り下りすることになるため、スニーカー等歩きやすい靴での参拝がおすすめです。

猪鼻湖_太鼓橋

こちらが境内中心部。赤い太鼓橋と松の木、浜名湖を背景になかなか絵になる風景です。

猪鼻湖_社殿

太鼓橋を渡りまた少し岩を上ったところに猪鼻湖神社の社殿があります。2柱を祀っているとは思えないほど小さな祠ですが、御神体は猪鼻湖神社が鎮座するこの岩山そのものなので問題はないのだとか。

境内には太鼓橋と合祀前の猪鼻湖神社、市杵嶋神社旧祠の石碑があるのみ。
かなりシンプルな造りではありますが、社殿の設置された岩の上からは猪鼻湖が一望でき、ここから浜名湖畔を見守っているのだと感じることが出来ました。

この記事の関連タグ

0件のコメント

猪鼻湖の3つの謎を調査!について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事