ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

西部唯一のスケート場!浜松スポーツセンター

浜松スポーツセンターは、東区宮竹町にある運動施設。
屋内スケートリンクや50mプールの一般開放をはじめ、会員制のスポーツクラブやスポーツカルチャースクールなど、心と体の健康をテーマに多くの役割を持っています。

その中で今回ハマラボが向かったのは、県西部地区で唯一のアイススケートリンク。
スケート初心者の研究員が現地を徹底調査してきましたよ!

西部地区では珍しい?ウインタースポーツ

温暖な気候である静岡県西部では、雪や氷に馴染みがない人も多いかと思います。
実際に静岡県はスケート人口が少なく、なかなかアイススケートが普及しなかったのだとか。
そんな中、1997年に県内初めての屋内スケートリンクとして登場したのが浜松スポーツセンター。現在でも県西部地区唯一のスケートリンクとして、子供から大人まで人気を博しています。

浜松スポーツセンター_外観

営業期間は10月下旬から5月の大型連休後まで。
手袋を持参し、防寒さえしていれば、スケートシューズはレンタル可能です。

入口を入るとまず見えるのが総合案内。左手には、利用料金が書かれた券売機があります。

浜松スポーツセンター_券売機

券売機で「スケート入場+貸靴セット」の券を購入し、スケートリンクのあるフロアへ!

浜松スポーツセンター_ベンチ

右手のカウンターで靴を借り、ベンチで準備。コインロッカーがたくさん用意されているので荷物を預けて、スケートリンクへと向かいます。

浜松スポーツセンター_シューズ

貸靴はフィギュアタイプ、普段の靴のサイズと同じでいいそうです

この記事の関連タグ

0件のコメント

西部唯一のスケート場!浜松スポーツセンターについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事