ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

かわいいピンクの花桃で春を呼び込め!#1

お花を眺めて、その美しさにただただ感動する部活。
フラワーウォッチング部が満を持して発足。
記念すべき第一回は「花桃」をウォッチング!

季節のお花を愛でよう

今回のお花は「花桃」。
お花を鑑賞するために改良された桃が花桃。白やピンク、赤など鮮やかな色で春にぴったりの花。
桃は中国が原産。不老長寿の果物として、厄除けの意味も込めて縁起の良いものとされているのだそうです。理想郷のことを桃源郷とも言いますが、不老不死の仙人の果物で「仙果」とも呼ぶそうです。

「毛毛」。
これ何を表すかわかりますか?
察しのいい方はお気づきかもしれませんが、昔の中国では「毛毛」書いて「もも」と呼んだそうです。
なんだか可愛くない!
真偽は定かではないですが、昔の桃はもっと小さくて、実のなりたての時はびっしりと毛に覆われていたのだとか…
ホラーか。

磐田市敷地にある「しきじ里山公園」

廃校になった旧豊岡東小学校の裏に隣接する「しきじ里山公園」。
花桃が満開との便りを受け、いざお花見にGO!

手作りの看板がお出迎え。
見頃のお花がわかりやすいように看板に書いてありました!

しきじ里山公園

旧豊岡東小学校のグラウンドでは野球クラブの子たちが一生懸命練習していましたよ。
おだやか、のどか、しあわせ。
駐車場から奥へしばらく歩くと、看板がありました。

しきじ里山公園

リスだー!

しきじ里山公園

モグラだー!

しきじ里山公園

鳥だー!

最高にちょうどいい手作り感。
梅の木?の横の一本道を真っ直ぐ進む。

しきじ里山公園

しきじ里山公園

これで3度目のリス看板。近づいてきたか?

しきじ里山公園

お椀。

よくみると、きのこはお椀でできていた。
DIY魂が垣間見える。

入り口に到着する前に見事な水仙がお出迎え。

  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園

見えてきました~!
想像していたより「里山感」があって、これは期待できそう!

しきじ里山公園

村の入り口のようでワクワクする

入り口に到着。

しきじ里山公園

しきじ里山公園

通年で花が楽しめるんですね!

しきじ里山公園

うわ〜!既に足を踏み入れた途端に最高じゃん…

しきじ里山公園

かわいい

美しい…!春満喫中!
言葉で説明するのがじれったいほど綺麗でした。

  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園

いや、桃源郷かよ。

しきじ里山公園

だんだんと愛着のわいてくるリス

リスの案内によると見晴台が二箇所ほどある様子。
行ってみよう!

しきじ里山公園

しきじ里山公園

行く道、行く道で咲き乱れる花桃。
桃源郷かよ(2回目)。

しきじ里山公園

しきじ里山公園

見晴台に到着!

しきじ里山公園

しきじ里山公園

おお〜!

しきじ里山公園

うお〜!

最高の眺め!

しきじ里山公園

怪しげな看板と思いきや親切心の塊のような看板

浜松市が見えるというスポット。
早速行ってみました。

しきじ里山公園

いい眺め〜

なるほど、天竜川とその向こうの浜松が見えました。
キャタラーの工業の存在感すごいな。笑
ということで、第二の見晴台に向かいましょう!

しきじ里山公園
ここだけの世界という雰囲気の造りになっていて素敵な空間。

しきじ里山公園
園内には看板が立っていて、わかりやすい。

しきじ里山公園

見晴台へ続く階段を登り…
しきじ里山公園

第二の見晴台!

しきじ里山公園

ここからの眺めもなかなか!

第二の見晴台の先に、先ほどの地図にはなかった第三の見晴台らしきものがあったのでそこにも登ってみました。

しきじ里山公園

里山公園を三方から眺められるようになっているんですね!

しきじ里山公園

第三の見晴台を降りるときに赤い花桃が綺麗なスポットを発見。

しきじ里山公園

美しい…

しきじ里山公園

園内にはカフェもあるようですが、残念ながら本日はお休みでした。

正直、こんなに美しいところだとは思ってませんでした。
期待を大きく上回る景色に大感動でした!

しきじ里山公園

フォトギャラリー

  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園
  • しきじ里山公園

結果報告

春の「しきじ里山公園」は桃源郷と化す。

里山というだけあり、園内は険しい箇所もあるので動きやすい服装、特に靴はスニーカーをお勧めします。

この記事の関連タグ

0件のコメント

かわいいピンクの花桃で春を呼び込め!#1について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事