ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

【随時更新】夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

お花を眺めて、その美しさにただただ感動する部活。
フラワーウォッチング部が満を持して発足。
第二回は「桜」をウォッチング!

季節のお花を愛でよう

今回のお花は桜。
定番中の定番。お花見といえば、桜。春を寿ぐのは桜。

これぞ、日本の花…
と言いたいのはやまやまですが、なんと桜の起源はネパール(!?)なんだそうですよ。

しかも、ネパールの桜は秋に咲くのだそうです。ネパールでは秋の花なんですね!
ヒマラヤのネパールあたりに咲く桜はヒマラヤザクラという種類で、
日本の熱海にネパール王室から送られたものが植樹されているそうですよ。
熱海でも秋に花が咲くそうです。

いつもと一味違った桜がみたい!

青空の下で見る桜もいいですが、今年はちょっと違った桜の姿を見てみたい!
ということで、夜桜に焦点をあててみました。

御前崎の浜岡砂丘白砂公園

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
東西600メートルの並木道に河津桜が咲き乱れます。
河津桜はソメイヨシノなどに比べて早咲きの桜。
2月の中旬から下旬にかけてが見頃となります。

  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

掛川城周辺

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

掛川城の南側を流れる逆川沿いに植えられた桜を「掛川桜」といいます。
15年ほど前に同市の造園業を営む田旗さんが入荷したソメイヨシノの中に交じっているのを発見し、育成したのが始まりなんだそうです。

寒緋桜の一種で3月上旬から中旬までが見頃。
掛川桜の他にも、場内にはソメイヨシノ、四季桜、枝垂れ桜などがあり長い期間で桜を楽しむことができます。

  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

秋葉ダム千本桜

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
秋葉ダムは天竜区にある天竜川本川中流部に建設されたダム。
火防の神の神様である秋葉山本宮秋葉神社から「秋葉」と命名されたそうです。
湖畔に10kmに約千本のソメイヨシノが植えられています。
夜にはダムのライトアップも。

  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2
  • 夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

浜松城公園

3/29 天守閣はまだでしたがちらほらと咲き始めていましたよ。

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

その後…
4月に入り、天守閣の前の桜も咲き始めました。
3月から「まだかまだか」と心待ちにしていただけあり、いい景色でした。

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

園内には約340本の桜が植えられているそうです。
これだけ植えられていると散りやすい桜でも、行けばどこかしらが満開で長い期間桜が楽しめます。
「さくらまつり」の期間中はピンクのぼんぼりがそこかしらに掲げてあり、いつもと違う雰囲気を楽しめました。
また、お花見を楽しむ方々も早い時期からいらっしゃいましたよ。

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

昼間に撮影スポットで撮影した写真

若き日の家康像のところは、桜と銅像をちょうどいい位置で撮影することのできる撮影スポットなるものが用意されていました。
銅像はライトアップされていないので明るいうちに撮影するのがオススメです。

岩水寺

お釈迦様のお誕生日4/8に撮影に行きました。
お誕生のお祝いでさぞ豪華に本殿が飾り付けられて…と想像していたのですが
思ったほどライトアップはされていませんでした。

だいたい4/7までを桜のイベント期間の区切りとする団体が多いとのちに知り…。
行くのが遅かった!

夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2

夜桜目当てに行ったのでちょっと薄暗いですが、岩水寺の隣の駐車場の辺り一面、桜が満開でした。

弘法大師とさくら

奥山公園 夢の浮橋

こちらもライトアップ期間を過ぎてしまったようです…・ちなみに4/9に行ってきました。
橋の周りのライトはついていたのですが、肝心の桜を照らすライトはつかず…。

「どうせ見るなら満開がいい」と浜松城公園の桜を目安に咲き加減を伺っていたのですが、無念。

近くに方広寺の塔と桜が美しいスポットがあるのですが夜なのでこの通り…。

結果報告

夜桜を楽しむならなら4/7までに行動を起こすべし!

この記事の関連タグ

0件のコメント

【随時更新】夜桜でしっぽり大人なお花見を。#2について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事