ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

浜名湖でフライボードの人気を探る

ベルマリン_成功

水面に立つことに成功!

ベルマリン_成功後

このときはすぐに倒れてしまいましたが、コツをつかみ、15分の体験の最後にはしっかりと空を飛ぶことができました。

スノーボード経験があるという所長はバランスのとり方に慣れているのか、1回目の挑戦から成功し、足首のバランスで水上を移動。

ベルマリン_橋詰MG

数秒にわたって空中を飛び、浮島の撮影班からは歓声があがっていました。

フライボード終了後は行きと同じようにボートでマリーナへと戻ります。
15分、撮影班にとってはあっという間でしたが、体験した2人はかなり体力を消耗した様子。水の抵抗の中でバランスをとる、というのは思っていた以上の運動量のようです。

マリーナに戻ると更衣室で着替え、体験は終了。
コインシャワーやドライヤー完備の為、汽水湖での体験も安心です。

仮説を検証

実際の体験を通して仮説を検証していきたいと思います。

仮説① かなり難しいため、1度でも立つために何度かリピートが必要→×
ハマラボ2名が無事水上で立つことができたように、実はフライボードは見た目ほど難しくありません。しっかりとインストラクターの方のアドバイスを実践すれば15分程度でも空を飛ぶことが可能。体験者の9割が成功しているそうですよ。最高齢はなんと73歳なのだとか。
仮説② フォトジェニックな写真を撮るために何度でもチャレンジ→○
キラキラした湖面から勢いよくあがる水しぶきと、水面で空を飛ぶ楽しそうな被写体はなかなかフォトジェニック!季節や時間によっては青空の色も周りの山々の緑の色も違いますし、なにより何度か体験することで上達し、高く飛ぶことができればかっこいいですよね。すぐ近くの浮島で撮影ができるので、何度もチャレンジしたくなってしまうかもしれません。
仮説③ 空を飛ぶという夢の体験が忘れられない!→◎
浮島へと戻った研究員の第一声は「楽しかった!」でした。バランスが取れなかったところから、うまく飛べるようになると達成感がありますよね。やはりもっと長く立ってみたい、もっと高く飛んでみたい、と思わせる楽しさが人気の理由なのかもしれません。
何度も通うことで上達し、水上で1回転する「バックフリップ」を成功させた一般の方もいらっしゃるのだそう。上達するごとにできることが増えていくのも魅力ですね。

人気の理由をハマラボなりに解明したところで、今回の調査は終了です。

結果報告

浜名湖でCMになっていたような話題のアクティビティを体験できるなんて驚きですよね。
調査にあたって本当に水上で立つことができるのかどうか、不安を抱えての挑戦でしたが、無事楽しみながら成功させることができました。
待機中もすぐ近くの浮島で体験を見ることが出来るので、お友達同士で挑戦すればとても盛り上がるのではないでしょうか。
見た目よりも気軽に楽しめるウォータースポーツだと思います。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この場所のスポットページを見る

ベルマリン

この記事の関連タグ

0件のコメント

浜名湖でフライボードの人気を探るについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事