ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

全部知ってる?静岡いちご食べ比べ!

いざ!食べ比べ

今回は浜松市内のスーパーマーケットで3品種とも購入。
研究員aの姉親子も参戦し、世代の違う3人の意見が集まることとなりました!

章姫

まずは、静岡いちごの最古参、章姫。

静岡いちご_章姫

1月半ば、旬真っ盛りのお値段は300gで600円前後。
果皮は薄い赤色で、一見するとまだ熟れていないのでは?と思ってしまうような白いいちごもありました。

静岡いちご_章姫大きさ

形は細長く、大きさは中くらいで、果実の断面はきれいな白でした。

早速実食です!
まず感じるのは果肉のジューシーさ。やや柔らかい果皮の内側には果汁が詰まっていました!

静岡いちご_章姫断面

滴る果汁

味は甘味が強く、ジューシーさも相まってフレッシュな印象。
熟れてないのでは、という心配が嘘のように甘く、酸味はあまり感じません。
リンゴにも似た香りがしました。
あっさりとしているのでパクパク、いくつでも食べられてしまいそうなおいしさです。
姉の子供はこの章姫がお気に入り。お子様でも食べやすい味のようです。

紅ほっぺ

お次は章姫の交配種、紅ほっぺ。
こちらも300g/600円前後で販売されていました、

静岡いちご_紅ほっぺ

コロンとした丸みのあるフォルムで、「紅ほっぺ」の名にふさわしく、鮮やかな赤い果皮をしています。
一口食べてみると、やや固めの食感。果皮が傷つきにくいため、柔らかいいちごに比べると日持ちも長めなのだそう。
先ほどの章姫とは違い、まず感じるのはさわやかな酸味。甘味も十分にあり、バランスの良い味といえます。
可愛らしい形やしっかりとした酸味から、ケーキとの相性もよさそうだと感じました。ショートケーキの上の甘酸っぱいいちご!の味ですね。

静岡いちご_紅ほっぺ大きさ

今回食べ比べを行った紅ほっぺのサイズは章姫と同じくらいでしたが、一般的には大きめのサイズが多いようです。
これは研究員aの姉が大変気に入っていました。「これぞいちご!という味と香り」なのだそう。

きらぴ香

最後はデビューしたての「きらぴ香」。
静岡のブランドいちごとして売り出されているためか、章姫、紅ほっぺよりは少し高価な300g/800円前後。

静岡いちご_きらぴ香

「きらきらとした宝石のような輝き」と「品の良い甘味と香り」から名付けられたという「きらぴ香」。その名に恥じぬ美しいつやがあります。断面まで淡い赤色なのも特徴のようです。
食べてみると、食感は紅ほっぺ以上にシャキシャキとしており、果汁も多くジューシーでした。
瑞々しい甘酸っぱさの中に、しっかりと香りを感じます。

静岡いちご_きらぴ香大きさ

かなり大きめのサイズでしたが、大味ということはなく、いちごのおいしさをしっかり楽しめました。
個人的には上品な甘みとがっていない酸味のバランスが絶妙なきらぴ香がいちばん気に入りました。

この記事の関連タグ

0件のコメント

全部知ってる?静岡いちご食べ比べ!について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事