ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

法多山の時代の流れに触れてみた

法多山は寺号を尊永寺と称する、高野山真言宗(こうやさんしんごんしゅう)の別格本山と知られています。
厄除け団子などで有名ですが、今回は、法多山の境地内にある建物の歴史を調査しました!
意外と知られていない法多山での、時代の流れをぜひ感じとってみてください。

全体が黒く塗られていることから、黒門ともいわれている「山門」。そこから「法多山本堂」まで約15分、江戸時代より伝わる法多山名物の厄除だんごで有名な「だんご茶屋」まで約8分かかります。

法多山_案内図

法多山と黒門の時代の流れ

仁王門から参道を少し歩くと、黒色の門が現れます。これが黒門です。
建立は1712年、指定建造文化財にも登録されている由緒ある門なのです!
昔はどういった役割をしていたのか気になったので調べてみたところ、法多山全体と大きく関わっていたことが判明しました!

法多山_黒門

現在の法多山にあるお寺は、尊永寺一つだけですが、昔は12ものお寺が境内に並んでたようです。だからこんなにも広いのですね・・・!
でも、どうして尊永寺一つだけになってしまったのでしょう?

どうやら明治に入るまで、参道添いの石垣の上に寺が立ち並んでいて、それぞれ住職さんが住んでいたそうです。
その中でも、ひときわ目立っていたのが「学頭院 正法院」と呼ばれる寺。そして黒門はその正法院の入口だったのです。
しかし、明治時代に入ると寺のあり方も大きく変化して、“ひとつの山にひとつの寺”という意味での「一山一寺」を合言葉に、寺同士が統合され、尊永寺と総称されるようになりました。
日本は昔から山岳信仰があると聞くので、山=ご神体・ご本尊という考えからこういった決断が下されたのでしょうか?

寺同士が統合されたこともあって、寺の入口としての役目を失った黒門でしたが、現在では多くの観光者を立派な「門」として迎え入れていますね。

一歩足を踏み入れた先には、品格が漂う日本庭園。中心にある松は、徳川家康手植えの松なのだそうです。

熱冷ましの神様

法多山_氷室神社

今では、どこにでも売っていて安価な値段で手に入れることができる氷。
しかし、昔は特別なものとして扱われていたそうですよ。
清少納言の枕草子や紫式部の源氏物語の中には、暑い夏には氷を体に押し当て涼んだり、削った氷にシロップをかけて食していたと描かれているそうです。つまりは、貴族たちが重宝していたようですね。
冬の間に凍結させた氷を貯えていたのが「氷室」と呼ばれる貯蔵庫で、その氷室が神格化したものが「氷室神社」といわれています。

法多山_氷室神社鳥居

火の病といわれ、平清盛を死に追いやった熱病マラリアの治療にも氷が使われたそう。昔は医療技術も免疫力も今ほど高くないため、高熱が続くことは命の危険を意味していました。貴族の身であるものは氷が使えますが、庶民にとって氷は手が届かない存在であり、氷の神様に祈り、お願いすることしかできませんでした。
その人々の想いで神格化し、今ある氷室神社ができたといわれています。
“想いで魂が宿る”という言い伝えをよく聞きますが、まさにこういったことでしょうか。

今では医療技術の発達により、高熱で死亡する人も少なくなりましたが、それでも氷室神社は人間の様々な“熱”を下げてくれる神様として、今も信仰を集めているようですね。
例えば、ギャンブルやお酒、悪縁など、「離れたい!」と思ってもどうしても離れられない“熱しすぎているもの”に対する熱さましも信仰対象のひとつとなっているようです!
神聖な神社に御参りすることできっと心を沈静化してくれるのでしょうね。納得です。

この記事の関連タグ

0件のコメント

法多山の時代の流れに触れてみたについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事