ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

静岡県立森林公園で自然の中を歩く

静岡県立森林公園は、浜北区尾野に位置する静岡県営の大規模公園です。
1965年に開設。215ヘクタールもある広大な敷地内では、四季折々の自然を楽しむことができます。
ウォーキングコースも多数あるため、地域の方の運動スポットとしても人気があります。

今回は静岡県立森林公園をウォーキングしながら、見どころを調査してきました!

まずはビジターセンターへ

静岡県立森林公園には、公園の利用案内を行うビジターセンター「バードピア浜北」があります。

森林公園_ジオラマ

館内では森林公園の地形を表すジオラマや公園内に生息する動植物の情報を展示。野鳥の巣、羽、食痕や、動物の糞、昆虫の標本などを見ることが出来ます。
パズルやクイズで自然を学べる子供向けの展示もあり、まずはここを訪れて情報収集がおすすめ。

森林公園_観察テラス

見どころ①うぐいす谷親水広場で自然観察

静岡県立森林公園には第1~第8までの無料駐車場があり、広大な敷地内を車道が通っています。
まずは第2駐車場に車を停め、西エリアへ。
うぐいす谷親水広場を目指し、遊歩道を歩いていきます。

森林公園_遊歩道

木陰の階段をくだり、うぐいす谷親水広場へ到着すると、水辺には先客が。

森林公園_アオサギ

青みがかった灰色の羽毛と黒い縦縞、アオサギでしょうか。水辺を優雅に歩いていました。
こうして気軽に野鳥を見ることができるところも見どころのひとつ。
広場には東屋もあり、ゆっくりと座って、水辺の自然観察を楽しむことができます。

見どころ②西ノ谷奥地で鯉と遊ぶ

うぐいす谷親水広場からさらに西エリアの奥へと遊歩道を進んでいくと、西ノ谷奥地という池に出ます。
付近は水辺の広場として整備されており、東屋や親水デッキがありました。

森林公園_親水デッキ

森の中ではありますが整備が行き届いており、東屋からは季節の花ときらめく水面を見ることができます。

もっと近くで池を見ようと近づいてみると……

森林公園_鯉1

水面の揺らぎと黒い影が見えるでしょうか。あっという間に鯉が集まってきました。
どうやらとても人慣れしている様子。

森林公園_鯉2

餌がないとわかると離れていきましたが、間近で鯉を観察することができました。
親水デッキからは亀も発見しましたよ!(注:エサやりは禁止です。)

この記事の関連タグ

0件のコメント

静岡県立森林公園で自然の中を歩くについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事