ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

見たことあるかも?街中のオブジェを調査!

舞台芸術やコンサートを楽しむことができるアクトシティ、市民芸術交流の場であるクリエート浜松、「開かれた大学」として市民向け講義なども積極的に行っている静岡文化芸術大学。浜松は音楽をはじめとした、文化芸術に秀でた街です。
それは文化施設に限った話ではなく、普段何気なく利用しているような駅や道路に設置された、アートワークからもうかがうことが出来ます。
今回は街中に存在するオブジェを調査。浜松街中でアートを感じましょう!

抜群の存在感!街中の代表的オブジェ

まずは、有名なこちらのオブジェ。

街中オブジェ_伸びゆく浜松

見たことある!という方も多いのではないでしょうか。
これはJR浜松駅からの地下通路壁面に設置された、「伸びゆく浜松」という陶板レリーフ。
1983年にベルギー出身の芸術家、ルイ・フランセン氏によって制作されました。

太陽旭日の勢い(日の本のイメージ)とプラタナス(不滅の生命力のイメージ)を表現した中心のオブジェから伸びる美しい緑の陶板には、ピアノや遠州織物、浜名湖の波・風、浜松城など、浜松を象徴するものが表現豊かに描かれています。

「伸びゆく浜松」という名前の作品は、実は浜松駅周辺にもう1つあるんですよ。バスターミナル中央に天高くそびえる茶色の塔。1984年に市政70周年と人口50万人突破を記念して作られたモニュメントなのだそうです。

お次は浜松駅北口を出るとまず目に入る、はままつ「福」市長の出世大名家康くんのモザイカルチャー。北口広場キタラの顔となるオブジェです。

街中オブジェ_家康くん

隣にあるキャプションによりますと、約8200株の苗を使用し、種類の異なる小さな苗を1株ずつ植えることで図柄を表現しているのだとか。実は浜松市は「日本のモザイカルチャー発祥の地」。2009年には日本で初めてモザイカルチャー世界博(浜名湖立体花博)を開催したのだそうですよ。勉強になります。

街中オブジェ_MATAKITA LA

こちらは同じく北口広場キタラにあるオブジェ、「MATAKITA LA」。
ニューヨーク貿易センタービル(WTC)のシンボル巨大彫刻、「雲の砦」で知られる世界的彫刻家、流政之氏の作品です。
素材はミカゲ石を使っているそう。女性の体をイメージしたという美しい曲線には、浜松駅前のにぎやかな様子が映りこんでいます。
有名なアーティストの作品を身近に感じられるので、ぜひ浜松駅をご利用の際は見てみてくださいね。

この記事の関連タグ

0件のコメント

見たことあるかも?街中のオブジェを調査!について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事