ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

“ことのまま”に願いが叶う?事任八幡宮

その昔、遠江国一宮であったという格式高い神社、事任八幡宮。
「事任」は「ことのまま」と読み、その名の通り、祈願したことがことのままに叶う神社として人気を博しています。
今回はそんな事任八幡宮とはどんなところなのか調査してきました!

事任八幡宮とは?

事任八幡宮は、掛川市八坂にある神社です。
旧東海道沿い、日坂宿の西の入り口に位置しています。
その歴史は古く、詳しい創建年は不詳ですが、第13代成務天皇のころ(131年~190年)であるという記録が残っているのだとか。

事任八幡宮_太鼓橋

主祭神は己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)という女神で、真を知る、言の葉で事を取り結ぶ、言の葉を通して世の人々に加護を賜う神として信仰されています。
古くは主祭神にちなみ、真知乃神(まちのかみ)、任事神社(ままのことじんじゃ)などと呼ばれていました。

平安時代に八幡信仰が広まると、源頼義が石清水八幡宮から八幡の神を勧請し、「日坂八幡宮」「八幡神社」とも呼ばれるように。

その後世の中の流れから、己等乃麻知比売命を主祭神とできず「ことのまま」が忘れられかけた時代を経て、昭和22年(1947年)の社格廃止を機に現在の「事任八幡宮」へと改称しました。
主祭神を元々の御祭神である己等乃麻知比売命に戻すことができたのは平成に入ってから。
己等乃麻知比売命を改めて里宮に迎える「ことのままおこし」を行い、現在は主祭神とともに八幡大神三柱を祀る神社となっています。

1800年以上も続く歴史の中には様々なことがあったのですね。

事任八幡宮の境内を調査!

事任八幡宮_鳥居

旧一号線沿いにある入口から太鼓橋を渡り、趣ある石造りの鳥居をくぐって境内へ。
現地調査開始です!

鳥居を越えてまっすぐ進むと、手水舎と社務所がありました。
すぐ左手には、立派な拝殿が見えています。

事任八幡宮_本殿

手水舎で身を清めてから、階段を上り拝殿へ。奥には本殿が鎮座しています。
階段には御遷座1210年を祝う垂れ幕が下がっていました。

創建は131~190年ごろとされる事任八幡宮ですが、この地に神社を構えたのは大同2年(807年)のこと。
元々は旧一号線を挟んで北側の本宮山に祀られており、天皇の勅命を受けた坂上田村麻呂が、東征の際に現在の場所へと遷座、再興させたのだそうです。

この記事の関連タグ

0件のコメント

“ことのまま”に願いが叶う?事任八幡宮について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事