ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

磐田駅周辺の歩いて行けるスポット10【後編】

磐田駅散歩_後編_4コマ

歩いて行けるスポットを開拓!磐田駅周辺をお散歩してみよう!【後編】

磐田駅散歩後編_マップ

こんにちは。出不精のくろちゃんことくろかわです。
日頃の運動不足を解消するべく磐田駅周辺をぐるりとお散歩。その中で気になったスポットをピックアップしてご紹介します。
※この記事には前編があります。まだ読んでいない方はこちらのほうもぜひ!

磐田駅周辺の歩いて行けるスポット10【前編】

スポット7_NEO

こだわり食品の店ネオ_外観

「こだわり食品の店ネオ」さんでは健康食品・オーガニック食品・自然食品・化粧品・生活用品などを販売しています。
無添加、無農薬にこだわりを持って商品をセレクトしているため、大手のスーパーではお目にかかれない商品も置いてあります。
ちなみにネオとはNEO=natural(ナチュラル)、ecology(エコロジー)、organic(オーガニック)
それぞれの言葉の頭文字を組み合わせてつけられた店名です。

さすが、こだわり食品の店!「三年番茶」のサービス

磐田駅散歩_ネオ三年番茶

お店に入るとお茶のサービスがあるのですが、そのお茶もただのお茶ではないんです。
「三年番茶」というお茶なんだそうですが、ご存知ですか?
私はこのお店で初めて聞きました。
なんでもその名の通り三年間熟成させたお茶というのがどストレートな表現なのですが、
「緑茶の欠点となる性質を取り除いた、まさに緑茶のいいとこ取りのお茶」としてマクロビオティックを実践する方達に人気なようです。
緑茶はカフェイン、タンニンなどの刺激物質が含まれているため胃の悪い人や体質的にカフェインが合わない人は逆に健康を害してしまうこともあるようです。
そんなカフェインやタンニンなどの茶の尖った部分を三年間醸造している間に抜いてまろやかにしたお茶が「三年番茶」なんだそう。
さらに、「こだわり食品の店ネオ」で出してくれる「三年番茶」は水素水を使用しています!

そんな気になる「三年番茶」お味は…ほうじ茶のようだけどあのほうじ茶独特の渋みはなく飲みやすい!
後味にほんのり緑茶を思わせるような甘みも感じました。

オーナーさんのおすすめ商品

磐田駅散歩_ネオ店主さんおすすめ商品

オーナーさんにオススメ商品を伺うと「どうしようかな…どれもオススメで選べないなあ〜」と迷いながらもピックアップしていただいたのがこの二つの商品です。

天保蔵醤油
埼玉県川越の株式会社松本醤油商店が作る醤油。江戸時代から今に伝わる蔵と木桶で約1年間かけ、じっくり熟成・醗酵。もちろん原料の大豆と小麦は国産のものを使用。
小野崎玄米みそ
栃木県の小野崎糀店というお店で作られたこだわりのみそ。矢板産の米と大豆、自然塩を使用し杉の木桶で約1年間自然発酵・熟成させた玄米みそ。

この二つの商品を選んだ理由を聞くと、添加物や化学調味料が入ってなくて原料もこだわったものを使用しているとのこと。
商品の裏に貼ってある食品表示ラベルをみると驚くほど表示がシンプル!
スーパーなどで見かけるいわゆる大手メーカーの商品は大量生産のため「天保蔵醤油」「小野崎玄米みそ」のように手間をかけていられないのが現状なようです。

「健康は日々の積み重ねで造られていくものだから毎日使うものだけでもこだわってもらえたら」とオーナーさん。
なるほど、醤油や味噌ならそこまで気構えなくても毎日の食生活に自然に取り入れていけますもんね!

お店には商品別の化学調味料の多い少ないがわかる書籍などもあり自由に手にとって読めます。
食生活の見直しをしたい方や身体にいいものを生活に取り入れたい方はネオさんに行けば色々と教えてもらえるのでぜひ。

月の商品情報はネオさんのサイト(下記リンクのスポットページにも記載)から新着情報よりご覧いただけます。

こだわり食品の店 ネオ(NEO)

この記事の関連タグ

0件のコメント

磐田駅周辺の歩いて行けるスポット10【後編】について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事