ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

ニュース

遠州光明山大祭・天竜楽市で本尊の秘仏開帳

今年開山から1300年を迎えた、天竜区山東の光明山光明寺(曹洞宗)は、2017年10月28日(土)、29日(日)に行われる遠州光明山大祭にて本尊の秘仏「三満虚空蔵大菩薩」を特別に開帳します。
境内では住民有志でつくる地域おこしイベント、天竜楽市が同時開催され、天竜産のシイタケや茶、和菓子のほか、アート作品の展示販売、飲食店の屋台が楽しめる。
今年は奥之院のライトアップも初めて実施。
本尊は智と福、威信を満たすご利益があるとされ、717年に行基が同山を開山した際に掘ったもの。
ぜひこの貴重な機会に光明寺を訪れてみませんか?

開催期間

2017年10月28日(土)、29日(日)

時間

28日/8:30~19:00
29日/8:30~14:00
※両日ともに特別拝観の時間

開催場所

光明山光明寺
〒431-3303
浜松市天竜区山東2873

電話

053-570-0601

料金

入場無料
特別拝観料1,000円

浜松市天竜区山東2873

この記事を書いた人

ハマラボ [ ハママツ研究所 ]
ハマラボ [ ハママツ研究所 ]
「浜松の魅力」を発信しています。
住み慣れた浜松にもっと愛着を!

この記事の関連タグ

0件のコメント

遠州光明山大祭・天竜楽市で本尊の秘仏開帳について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事