ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

ニュース

可睡斎でひな人形1200体、32段のひな壇を公開!

2018年元日より、秋葉総本殿可睡斎で4回目となる「可睡斎ひなまつり」が開催されます。
国登録の有形文化財・瑞龍閣に、32段・1200体のおひな様が飾られ、精進料理や特別ひな御膳(要予約)もご用意されています。
巨大つるし雛や2000体のさるぼぼなどその他の展示も充実。お守りづくりや折り紙体験を楽しむこともできます。
この機会にぜひ可睡斎に足を運んでみていくださいね。

開催期間

2017年1月1日(月・祝)~4月3日(火)

時間

8:00~17:00

場所

秋葉総本殿 可睡斎
〒437-0061
静岡県袋井市久能2915-1

電話

0538-42-2121

料金

拝観料500円

袋井市久能2915-1

この記事を書いた人

ハマラボ [ ハママツ研究所 ]
ハマラボ [ ハママツ研究所 ]
「浜松の魅力」を発信しています。
住み慣れた浜松にもっと愛着を!

この記事の関連タグ

0件のコメント

可睡斎でひな人形1200体、32段のひな壇を公開!について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事