ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

龍潭寺で井伊家歴代墓所へお墓参り

2017年大河ドラマの舞台となったここ浜松には、主人公、井伊直虎にゆかりあるスポットが数多く存在します。
今回調査する龍潭寺はその中でも最たるスポット。若き日の直虎が次郎法師として出家した寺であり、直虎の位牌が祀られる菩提寺でもあります。

龍潭寺墓地_本堂

龍潭寺の見どころといえば国の名勝に指定された、小堀遠州作庭の庭園や、うぐいす張りの廊下がある本堂などがあげられますが、今回は「お墓」にスポットを当てて調査!
ハマラボ研究員も今話題の「墓マイラー」になってきました!

井伊直虎とは?

まず、井伊直虎とは誰なのか、おさらいしていきましょう。

井伊直虎は、戦国時代から安土桃山時代にかけての、遠江井伊谷の領主です。
その名前が井伊家の系図にも、歴史書にも記されていないこと、徳政令の実施を命する書状に「次郎直虎」との署名が見られることなどから、通説では、直盛の娘、次郎法師であったとされています。
しかし、その存在については今も様々な考察がなされている謎の多い人物なのだとか。

2017年には大河ドラマの主人公に抜擢。女性でありながら家督を継ぎ、戦国を生き抜いた直虎の生涯が描かれています。

龍潭寺とは?

龍潭寺とは、その井伊直虎の御霊が眠るお寺です。
平安時代から井伊家の菩提寺でした。

龍潭寺墓地_井伊家墓所石碑

二代目住職であった南渓瑞聞は、井伊直虎の大叔父にあたり、直虎を井伊家当主に推薦した人物としても知られています。
現在は、江戸初期に作られ国の名勝に指定されている池泉鑑賞式庭園のほか、赤地に「井」の記が描かれた籠など、井伊家ゆかりの品を見物する参拝客で賑わっているそうですよ。

龍潭寺墓地_井伊家の籠

摩訶耶寺、大福寺、大本山方広寺、初山宝林寺と並ぶ湖北五山のひとつに数えられています。

この記事の関連タグ

0件のコメント

龍潭寺で井伊家歴代墓所へお墓参りについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事