ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

磐田駅周辺の歩いて行けるスポット10【後編】

スポット8_遠江国分寺跡

磐田駅散歩_遠江国分寺跡

はるか昔の奈良時代、「遠江国分寺」というお寺と七重塔が建っていたそうです。
ここがその跡地だとか…!

うんうん。跡地ですもんね。

うん。何もない。広い芝生…堂々とした芝生広場ですね。 
この跡地の広さからおそらく巨大な建物だったことはわかる。

わかるけど手掛かりがなさすぎる!
ところどころに看板は設置されていたのですが、書いてあることも難しくて半分もわからなんだ…。
ということで、「遠江国分寺」を調査です。

ちゃんと調べてみるとすごいところだったっぽい

一見するとただの芝生の広場に見えますがじつはここ「特別史跡」なんだそうです。
特別史跡というのはその名の通り、歴史的に特別大事な遺跡ってところでしょうか。
価値は簡単に比べられるものじゃないですが、国宝と同じくらいの価値なんだそうです。
全然そんな風には見えないー!

磐田散歩_遠江国分寺建物解説

遠江国分寺というお寺と七重塔ですが、聖武天皇の「国分寺建立の詔(みことのり)」を受けて作られたそうな。
聖武天皇といえば奈良の大仏を作ったことで有名です。
聖武天皇は国の宗教として仏教の力で国を治めようという「鎮護国家」という考え方で様々な政策を打ち出していきました。
その中の施策の大詰めとも言えるのが、そう!国分寺建立の詔(みことのり)です。

その詔を受け、国分寺は国ごとに作られました。この遠州地方にあった遠江国の国分寺がここ、まさにこの場所に建っていたそうなんです。

私にはただの芝生とポツリポツリとある石と階段にしか見えませんでしたが、参考資料をみてわかった「遠江国分寺」の建物の姿がこちら!

「遠江国分寺」の建物の姿(想像)

磐田駅散歩_遠江国分寺想像図

参考文献

  • 「よみがえる!遠江国分寺」磐田市教育委員会文化財課
  • 「もっと知りたくなる、学びたくなる『遠江国分寺読本』」磐田市教育委員会文化財課

発掘調査で七重塔のあった場所に塔の柱を受け止めていた根石が発見されたそうで、今でも見ることができますよ。
あの広場から根石を探すのは結構大変そうですが、「この石の上にビルでいう19階相当の塔が建っていたんだ…」とブラタモリ風の楽しみ方をしたい方はぜひ探してみてください!

スポット9_旧中泉御殿跡

中泉御殿は徳川家康が浜松に住んでいた時につくった邸宅だそうです。
正直、「徳川家康と磐田?聞いたことないや」という感想でしたがちゃんと所縁がありましたよ。
なんでも、最初家康はここ磐田にお城を築いて住もうと考えていたそうです。
しかし、当時敵対していた武田氏に攻め込まれた際に天竜川の向こう側にいたら天竜川が氾濫した時応援に行けないだろうということで
すでに磐田のお城を作り始めてしまっていたものを途中でやめて、浜松城に移動したそうです。
天竜川の影響力おそるべし…!

もし、そのまま磐田に移っていたら武田氏に攻め込まれて家康も命を失ってしまっていたかも…!
それとも、辛くも戦に勝ちそのまま磐田が城下町になっていたりして…!
歴史にそこまで詳しくないのでどうなっていたのか裏の取れた想像はできませんが、住もうと思ってくれたぐらいだから家康は磐田が好き!だった!?ことにしませんか?
そんな磐田好きの(勝手に言ってます)家康が、東海道往来時の中継地点にと、
磐田の中泉を支配していた中泉府八幡宮神主秋鹿(あいか)氏から献上された屋敷をベースに作ったのがこの中泉御殿跡。
今回、旧中泉御殿裏門と旧中泉御殿庭園に寄り道してきました!

旧中泉御殿裏門

磐田駅散歩_旧中泉御殿裏門

中泉御殿を鷹狩りが好きだった家康は遠征の際の別荘にしていたそうです。
その頃の中泉は大変静かなところで(要するに田舎だったと…)静養するにも秘密の相談をするにも都合のいいところだったそうです。

今は裏門は移築され西願寺の山門になっています。
門としての規模はお城などに比べたら小さいですが、当時の人々からするとすごく豪勢なお屋敷だっただろうなと。裏門とはいえ、重厚な作りで威圧感すごい。
両脇に警備のお侍さんなんかがいたら「すみませんすみません」って感じで腰をかがめ、視線は合わせずに通り過ぎる感じですね。

旧中泉御殿庭園

磐田駅散歩_旧中泉御殿庭園

この池ですが名前を「扇子池」と言います。なるほど、形が扇子みたい。雅です。
徳川幕府により拝領されてた秋鹿家の屋敷ですが、徳川幕府が倒されて状況が一変。
それまでは幕府の庇護のもと不自由なく暮らしていた秋鹿家でしたが収入の減少や情勢の変化に伴い、現金収入を得るために敷地の一部を遊郭、料亭、芝居小屋、医院、借家等に貸したのだそう。
そして、まさにここに中泉遊郭があったそうです。
一気にこの跡地に妖艶な雰囲気が!

磐田駅散歩_旧中泉御殿庭園扇子池

この立派な池も豪華絢爛な鯉も廓の非日常を演出するエンターテイメントの一つだったのかな…なんだかすごくいやらしく見えてきました。
先入観てすごいですね。

磐田駅散歩_旧中泉御殿庭園のちいさなもの

庭園内にはちいさな不思議な置物がちらほら。
遺物かどうかはわかりませんが(多分違う)、この小さな置物がなんか異様なといいますか、怪しげな雰囲気作りに一役かっているのは確かですね…。
日が暮れてから訪れたら大分恐ろしい雰囲気になりそう。

この記事の関連タグ

0件のコメント

磐田駅周辺の歩いて行けるスポット10【後編】について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事