浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶

静岡県その他

焼津や清水、御前崎はまぐろが有名ですよね。
静岡県はまぐろの全国有数の水揚げ量を誇り、ツナ缶の生産量全国1位
ツナ缶といえば、「シーチキン」が有名ですが、シーチキンを作っている「はごろもフーズ」も静岡市清水に本社がありますね。

浜松では、「はごろもフーズ」や「いなば」などの有名どころのツナ缶はどこのスーパーでも手にはいりますが、静岡県中部から東部に比べると目にする品揃えは少し控えめ。
今回は、浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶をご紹介。

由比缶詰所のホワイトシップ印

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

清水区由比にある由比缶詰所のホワイトシップ印。
製造から半年は寝かせて出荷させたというツナ缶は、完全密封された缶の中でまぐろの身と最高級の油がじっくりと熟成
由比缶詰所は昭和8年に創業されました。昭和12年にツナ缶を作り始めたそうですよ。
かつては大手ブランドのツナ缶も製造していたそうですが、昭和50年に自社ブランドの「ホワイトシップ印」を復刻。
今では、地元民問わずファンが多いブランドに成長しました。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

特撰まぐろ綿実油漬フレーク

まずは、青い缶が目印の「特撰まぐろ綿実油漬フレーク」。
特撰まぐろ油漬は、油が良質なので油は切らずにそのまま食べるのが通の食べ方

お次は白い缶の「特撰まぐろ綿実油漬ファンシー」。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

ホワイトミート? ファンシー?

聞きなれない「ファンシー」という単語。魚肉をほぐさずに固まりのままパッキングされたものを「ファンシー」と呼ぶそうですよ。

ちなみに「ホワイトミート」は原料の種類を指すそうです。
「ホワイトツナ/ホワイトミート」はびんながまぐろ、キハダマグロやカツオなどのそれ以外の魚は「ライトツナ/ライトミート」と呼ぶことが多いようです。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

ツナの固まりにテンションが上がる

こちらは、オリーブオイルで漬けた特撰まぐろオリーブ油漬ファンシー。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

特撰まぐろオリーブ油漬ファンシー

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

オリーブオイルの風味がプラスされてとても美味しい。

フレークはほろっとほぐれた身にオイルが染み込んでいるのでなめらかな口触りが魅力。ファンシーは魚肉感そのままに食べ応えのある締まった身の食感が魅力。

オススメ!

KOマートfineのプライベートブランド

「KOマート」は静岡県中部のスーパーマーケット。
一般のスーパーとは一味違う品揃えが魅力で、掘り出し物があるとして地元民に愛されているスーパーなんですよ。

そして、こちらのツナ缶は、「KOマートfine」のプライベートブランド。
KOマートfineは、ワインを中心とした酒類・チーズ・スイーツ・調味料・レトルト商品・加工食品が並ぶワールドフードマーケット。姉妹店のKOマートで扱う商品からさらに厳選されたものを取り扱っているんですよ。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

実は、このツナ缶、上の項でご紹介した由比缶詰所が作っていることが判明!
「特撰まぐろ綿実油漬ファンシー」は328円に対し、「KOマートまぐろファンシー」は288円。
おそらく、魚肉の品質により値段の格差があるのだと思いますが、少しお安く由比缶詰所のツナ缶を手に入れたい方はこちらがオススメです。

株式会社ふくやのめんツナかんかん

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらはちょっと変わり種。明太子の漬け込み液にツナを漬け込んだ一品。
漬け込み液は、唐辛子とスケトウダラの卵が入っているそうです。
これぞ、魚介類のコラボ。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

明太子色だ!

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

今回、購入したのはめんツナかんかんのレギュラー。
その他に、明太子の粒入りのプレミアム、2種類の唐辛子を加えた辛口があります。

この赤さに「ひょっとして結構辛いのでは?」と想像していましたが、そんなに辛くなかったです。あとから辛味が少しくるかな、といった程度。
辛党には物足りないと思うので、辛口をオススメしますね。
ツナ缶なのでツナの味が主役。明太子は風味と捉えた方が、食べる前の想像と齟齬なく楽しめると思います。

オススメ!

SSK(清水食品株式会社)のまぐろフレーク味付

ツナ缶も販売しているSSKですが、こちらは「まぐろ缶」。しかも「味付き」。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

お!まぐろ缶はツナ缶とは違うものらしいぞ

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

気になるお味は…、「金と銀の包み紙に包まれてるサイコロ状のあのおつまみの味!」。
甘辛しょうゆ味で味付けされており、生姜の風味も少々。
これは白飯にのせて食べたい一品ですね。
佃煮や甘辛い味付けが好きな方はぜひおすすめしたい一品。

KGS(駒越食品株式会社)の駿河煮

さらにディープなご当地缶詰の世界へようこそ。

駒越食品株式会社静岡市清水区にある、惣菜缶やまぐろ缶の製造をしている会社。
静岡おでん缶や東海煮(味付けまぐろフレーク)、まぐろ中とろ缶などユニークな缶詰が魅力です。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所] 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらの「駿河煮」は、きはだまぐろと大豆・昆布・椎茸を醤油で味付けした惣菜の缶詰。

浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

普通におかず一品として成立しますね。缶詰なので味がしみていてご飯のお供に最適。
賞味期限は3年と普通に長期保存が可能。備蓄食材にもいいかもしれませんね。

結果報告
浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶|ハマラボ[ハママツ研究所]

パキャっと音をたてる度に胸が高鳴る

そのまま食べても、サラダやサンドイッチのおかずとしても万能なツナ。
県内をちょっと移動しただけでこんなバリエーション豊かなツナ缶に巡り会えるとは!
ツナ缶生産量全国1位の静岡県民の恩恵を受けて楽しいツナライフをこれからも送っていきましょう♪
一部の商品は、通販でも購入できますので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

さんかく
さんかく
猫好きなのに猫アレルギーかもしれない。

関連スポット

未登録

0件のコメント

「 浜松市民の目にはちょっと珍しい?静岡県中部東部で手に入るツナ缶 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る