令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

浜松市浜北区

浜松市浜北区、内野台にある「 ちょいふる商店」というお店をご存知でしょうか?

ちょいふる商店は、「レトロ」をコンセプトに 昭和初期から40年代をメインにした雑貨や古道具 を販売している雑貨屋さん。
店主の方が趣味で集めていた物や、古物市場で買い付けをした雑貨は約1000点以上にもなるのだとか。
今ではなかなか味わうことのできない“昭和レトロな空間”を楽しむことができる、一風変わったちょいふる商店の魅力をたっぷりお伝えします。

店舗は昭和の古民家

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

ちょいふる商店、2019年6月にオープンしました。
古民家の和室やキッチンなどを利用して陳列されたレトロ雑貨は昭和レトロ感たっぷりで、店内に入るとタイムスリップしたかのような不思議な気持ちになるんだとか!

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

見た目がポップなこの看板が目印。

早速、素敵な昭和レトロの世界へ〜♪

店内に溢れるレトロ感

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

玄関を入った瞬間すでにレトロ感満載!

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

お手入れワンちゃん。

入った瞬間目に止まったのは、毛並みがサラサラの愛くるしいワンちゃん。
右隣は、あのマヨネーズで有名なあのキャラクター、、、かな?

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

ポップな色のカゴも発見。この可愛らしいカゴは、昭和時代の買い物カゴだそうです。
お花やぬいぐるみなんか入れてお部屋に飾るのも絶対かわいい!
他にもたくさんのかわいいレトロ雑貨がお迎えしてくれています。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

のれんをくぐった奥には、カラフルな食器たちがずらりと並べられたキッチン。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

中央のテーブルには、古風な柄や色のお皿やコップがぎっしり。
中には、現在ではあまり見られないデザインのものもありました。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

絶妙な配色とデザインがかわいいスプーンとフォーク。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

味の素の缶

棚の上には日本人では知らない人はいないであろう、あのうま味調味料の入れ物!
この容器が使われていたのは1926年ごろなんだそう。歴史を感じますね。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

キッチンを抜けると、さらにレトロ感が増した空間が広がる居間に繋がっています。
奥にはレジがあり、購入する品はこちらでお会計になります。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

ペコちゃんだらけコーナー

レジ下のガラスケースには、子供に人気のミルキーのキャラクター「ペコちゃん」を発見!
小学1年生くらいの頃、ミルキーが大好きで食べ過ぎてしまう私を見かねた母が「1日3つまで」という
当時の私には辛すぎるルールを決められたことをふと思い出しました(笑)

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

レトロえんぴつ 1本100円。小学生には馴染み深いアイテムですね。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

ツメキリ 1本150円。昭和にはこんなにかわいいツメキリがあったんですね。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

キン消し 100円

キン消し=キン肉マン消しゴム(消しゴムというネーミングがついていますが、あまり消せないそうです。)
キン消しマニアの方もいるそうで、レアなものは高値で取引されることもあるんだとか。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

さらに昭和レトロな空間求めて2階のお部屋へ。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店 令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

衣類やインテリアなどさらに昭和レトロを感じることができるアイテムが盛りだくさん。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

子供用の衣類。古風な柄がめちゃくちゃかわいい!

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

形のおしゃれなチューリップハットはバリエーションが豊富。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

昭和時代のアイロン。現代のアイロンと比べると時代の流れを感じますね。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店 令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

アイスキャンディーの容器だよん。

こちらは自宅でアイスが作れるアルミ製のアイスキャンディーケース。 昭和40〜50年代頃のもので、中にフルーツジュースなどを入れて凍らしてアイスを作っていたそうです。

レトロ雑貨をゲット!

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

お土産として買ったのは、金色の花柄がお上品な二又フォーク
緑色の二又フォークは、この花柄が気に入ってしまい自分用に購入しました(笑)
他にも気になる商品がたくさんあって欲しいものばかりでした。

令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店

ちょいふる商店は、昭和生まれの方はもちろん、昭和を知らない方でもどこか懐かしいと感じることができる空間が家中に広がっていました。
歴史や文化の流れ、当時の流行などを手にとって体感できるのも魅力の1つです。

現在ではなかなか見ることのできない昭和ならではの知恵を生かしたアイテムやポップでカラフルな色使いが、なんだかとっても温かく感じました。
平成も終わり、令和になった今こそ “ちょいふる”“わんだふる”な商品が盛りだくさんの“ちょいふる商店”に足を運んでみてはどうでしょうか?

結果報告

公式インスタグラム(https://www.instagram.com/muttyan6364/)には、実際に店頭に出ているレトロ雑貨の写真がたくさん紹介されています。
通販も可能とのことで、購入した商品をお家まで届けていただけるそうです。
お店に出向くのが難しい方でも、レトロ雑貨を手に入れることができますよ!

この記事を書いた人

とろろ
とろろ
属性:食 好物:するめ 弱点:扁桃腺

0件のコメント

「 令和から昭和へタイムスリップ!レトロ雑貨と古道具のちょいふる商店 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る