レトロかわいい岡田製パン

掛川市

旧東海道沿いにあるパン屋さん 岡田製パン

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

一見パン屋には見えない、のれんの岡パンこと岡田製パン
旧東海道街道の掛川日坂宿から続く、趣のある街道沿いにお店があります。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

暖簾をおいしょとくぐってお店の中へ。

昔懐かしい店内

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

こじんまりとした店内ですが、どこか昔懐かしい雰囲気。
テレビ取材も訪れており、知る人ぞ知る名店なんですよ。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

店内にはこの店を訪れた著名人の写真やサインが

午前中が狙い目!あっという間に売り切れます

この日、お店に着いたのはお昼過ぎ。
もうすでに売り切れてしまったパンも。
店員さんに伺ったところ「みなさん、午前中にくる方が多く、11:00頃には売り切れになるパンもありますよ」とのこと。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

午後にはテーブルに並ぶくらいのパンしか残っていなかった

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

これだけの品がすでに売り切れだった

当店の他には、道の駅掛川でも出張販売している岡田製パン。
実は、お昼頃に道の駅掛川に寄ってみたのですが、もうすでにほぼ完売していました。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

写真右の暖簾が目印(道の駅掛川 喫茶コーナー)

さあ、食べたいパンを選ぼう!

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

まず、ご紹介したいのは。こちらのメロンパン
岡田製パン一番の人気商品です。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

パッケージがレトロでかわいい

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

購入しました

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

メロンパンの醍醐味であるクッキー生地は、昔ながらの生地。
スイートブールの生地感に近いかなという所感。
中にクリームチーズが入っていて、クリーミー。
最近の定番である固めのクッキー生地で覆われたメロンパンとは違い、しっとりと柔らかい印象でした。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらは岡パンオリジナルの生地で焼き上げられたステックパン
中にはクリーム。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

結構長くてボリュームあります

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

写真の撮り方に悩むくらい長い

クリームは、生クリーム系というよりはしっとりとしたバターっ気のあるミルククリーム
トースターでカリッとさせたら最高に美味しいと思います。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

あんぱんのパッケージもかわいい

このあんぱんのパッケージは、お祭りのダボシャツの柄をモチーフにしているそうです。
ちなみに、商品や店内の所々に見かける、将棋の「ふ」のコマのイラストもお祭りに関連。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

暖簾には将棋の「ふ」のコマ

「歩兵なりとも成れば金将…」将棋を嗜む人ならそう察する方が多いと思いますが…
「このマークを見たお客様から、金将を目指すという意味が込められているんですか?とよく聞かれるんですけど、これはお祭りから取ったんですよ。」と店員さん。
店主さんは昔からのお祭り好き。
この地区の大きなお祭りである「事任八幡宮例大祭」に因んだモチーフなのだそうですよ。
事任八幡宮例大祭は、日坂地区と八坂地区の2地区で執り行われており、日坂地区は四町(古宮、下町、本町、川向)で構成されています。岡田製パンのある地区は、日坂地区の古宮(ふるみや)なので、その頭文字をとって将棋の「ふ」のコマにしたそうですよ。
お祭りの際には、店の前の通りにも祭りの屋台(山車)が立ち並び、壮観なのだそう。今年(2020年)は、残念ながら中止とのことですが、ぜひ一度行ってみたいものです。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

私が、お店のラインナップの中で興味を惹かれたのは「ラスク」。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

食パン一枚をまるっとラスクにした思い切りの良さ!
普通はバゲットなどの小さめなパンで作るお店が多いですよね。
この大きさでラスクを作るのはなかなか技術がいるとのことで、タイミングよく焼き上げないと割れてしまうそうですよ。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

手に持つと大きさが分かる

そして、実は4枚入り!(価格の良心がすごいな)

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所] レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

シュガーシュガー

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

これトーストじゃなくて、ラスクなんですよ

このラスク…、
パンの耳好きにも、中央の柔らかいとこ好きにも推せる。

だってどっちも通常のラスクの2倍あるから!!
あと、厚さが8枚切りくらいの厚さなので、食感も軽やかで大変おいしかったです。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

プレーンの他に、「黒ゴマ」「緑茶」の種類がありました。
「黒ゴマ」にはサツマイモの練り込んであるそうですよ。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

一般的なサイズのアーモンドラスクも

その他にも、お手頃価格なパンを販売。
子どものおやつにもちょうど良い。

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

もちもちチーズ一個50円、たまごドーナツ100円

結果報告

パンももちろん美味しいですし、店の佇まいがすごく素敵。
ぜひ、この雰囲気を味わいに一度店舗まで足を運んでみて欲しいですね。
そして、午前中に訪れていただくと、今回紹介した以上のパンをお目にかかれるはずです!

レトロかわいい岡田製パン|ハマラボ[ハママツ研究所]

あれ、長くて画角に収まらないぞ…!

この記事を書いた人

さんかく
さんかく
猫好きなのに猫アレルギーかもしれない。

0件のコメント

「 レトロかわいい岡田製パン 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る