天然酵母パンと焼き菓子 菓子工房ぶどうの小枝

浜松市北区

甘い物とあらばなんでも調査!がモットーの「ハマラボスイーツ部」。

今回は北区にあるパンと焼き菓子のお店、「菓子工房 ぶどうの小枝」さん(以下:ぶどうの小枝)に行ってきました。

民家の敷地内の一角にあるので少し見つけにくいのですが、この看板が目印。

商品は、大きく分けて「天然酵母のパン」「焼き菓子」「 ケーキ」の3種類。

電気式の発酵器は使わず、外気の気温に合わせて発酵をさせたぶどうの小枝のパン。

季節によって発酵具合が変わるそうで、夏は大きくふくらみあっさりとしたパン、冬はふくらみが穏やかな風味の豊かなパンに仕上がるのだそうです。

お惣菜系パンというよりは、食パンやプレーンブレッド、スイーツ系のパンが豊富。

焼き菓子

季節のケーキ

土曜日限定販売というアーモンドパイと店長さん

オススメを購入

「ぶどうの小枝」人気商品のクロワッサン
外側の生地はバターを少なくして、サクッとした歯ごたえを目指したそうです。

外はカリッとしてしっかりとした食感。
でも、中はもっちりしっとりとしていて、中心にいくほどバター多めでしっとり

ちなみに、アーモンドたっぷりの生地が美味しい「クロワッサンザマンド」は金曜日限定発売

しっとり系のフィナンシェ。定番商品でファンも多い。

こちらは、レーズンサンド。

レーズンサンド

さっくりとした生地に手作りのバタークリーム。
レーズンサンド好きには一度食べてもらいたい一品。

こちらの丸い焼き菓子は、リュンヌ。

リュンヌはフランス語で月の意味

イベントなどに出店した際に、レーズンサンドのクリームが日に当たって悪くなってしまうので、クリームのないレーズンサンドを作れないかなと考案されたそうです。

中にちゃんとレーズン入っています。

結果報告

バターたっぷりのしっとりとした生地が魅力。きっと、一度食べたらファンになりますよ。
また、商品もその時々で変わるのも小さな店舗ならではの楽しみ。
まだ食べたことのない一品を求めて、足しげく通いたくなりますね。

コラボや予約の商品もある「ぶどうの小枝」。
「酒のバオオ」さんとのコラボ商品「大人のトリュフチョコ(純米大吟醸酒使用)」は毎年大反響のコラボ商品。年に三回ほどコラボを楽しむことができますよ。

クリスマスシーズンは、シュトレンやクリスマスケーキの予約販売も。

美味しそうなパンやケーキの写真がインスタにたくさん載ってましたよ!また、営業時間もこちらでチェックできます。( https://www.instagram.com/budounokoeda )

この記事を書いた人

はまらぼすぃーつぶ
はまらぼすぃーつぶ
甘い物とあらばなんでも調査!をモットーとし浜松のスイーツを食べまくる部活。

0件のコメント

「 天然酵母パンと焼き菓子 菓子工房ぶどうの小枝 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る