ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

水窪を一望する山城、高根城って知ってる?

浜松市街地から車で約2時間、天竜区水窪町にある久頭合(くずごう)の山頂420mに位置する山城、高根城跡は、後醍醐天皇の孫、伊良(ゆきよし)親王を守るためにこの地の豪族である奥山氏が応永21(1414)年に築いたといわれています。

最近では、大河ドラマのロケ地として有名になったこの山城。浜松市に住んでいても、これまで知らなかった!という人は多いのではないでしょうか。
今回は高根城跡を徹底調査!その歴史や構造からロケ地となったスポットまでご報告いたします!

高根城とは?

高根城跡は、町の東南端にある久頭合の山頂、標高420mに築かれた山城です。
信州街道の要衝に立つこの城は、北遠江の国人領主、奥山氏累代の居城でしたが、永禄末(1569)年ごろ、武田・徳川・今川への帰属をめぐる内乱の末落城。
その後元亀3(1572)年、武田信玄が三方原で徳川家康と戦い、勝利を収めた際にはすでに高根城には武田の手が加わり、遠江侵攻を目指す武田軍の拠点として大改修が行われていたのだそう。
現在は本曲輪部分に井楼櫓(せいろうやぐら)や主殿、城門などが復元されています。

駐車場に車を停め、早速現地調査開始です。

高根城_稲荷神社

駐車場脇には稲荷神社の鳥居がありました。本殿は曲輪内にあるそう。

高根城跡まではここから徒歩で20分程度です。

高根城_山道

険しい山道、というほどではありませんが山中の階段が続くので、不安な方は比較的緩やかな、山門広場から公園内を通り城の南側に出るルートをおすすめします。

登り切ったところには大手門前の腰曲輪がありました。

高根城_腰曲輪からの景色

水窪を一望するこの景色。かつての主である奥山氏、武田氏も眺めたのでしょうか。

この記事の関連タグ

0件のコメント

水窪を一望する山城、高根城って知ってる?について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事