ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

秋葉神社上社の見どころを調査!

昔天狗が住んでいたという言い伝えもある秋葉山本宮秋葉神社は、東海随一の霊山ともいわれる秋葉山に位置しています。
秋葉神社は、「上社」と「下社」の二社に別れており、今回は「上社」の見どころポイントを調査してきました!

実はハマラボはこれが2度目の現地調査。季節や天気によって変わる、秋葉神社境内の雰囲気もお伝えできればと思います。
それでは早速調査開始です!

ポイント①秋葉灯篭

上社の入り口、「大鳥居」を抜けて、早速調査開始です。

本宮秋葉神社_大鳥居

赤茶色の立派な風格

鳥居をくぐると、秋葉山頂上に鎮座する本殿へと続く「秋葉坂」が見えます。

秋葉神社上社_秋葉坂

石段の脇にはずらっと並ぶ常夜灯。
「秋葉灯篭」と呼ばれるこちらの灯篭は、秋葉山本宮秋葉神社だけでなく、静岡県西部、愛知県東部、長野県南部などに多く存在しています。

秋葉神社上社_秋葉灯篭石

秋葉神社の神紋である七葉もみじが彫られていました。
江戸時代に爆発的に流行した秋葉信仰の証であり、古くから地元の人が灯篭に火を灯し、道を通る人の道標として使われていたそうです。
秋葉神社境内だけでも大小数種類の灯篭があります。

秋葉神社上社_モダンな秋葉灯篭

こちらはどこかモダンな雰囲気。

秋葉神社上社_深緑の秋葉灯篭

本殿前の鳥居の両脇には、深緑に金の神紋が美しい、大きな灯篭がありました。
もちろん夜にはそれぞれに光が灯り、昔と変わらず、参道を行く人の道標となっています。

ポイント②神門

秋葉坂をぬけた先にある「西ノ閽の神門」。

秋葉神社上社_西の神門

大きく立派な門は、ご鎮座1,300年記念事業の一環として造営されたそう。
材料には、地元天竜杉を使用しています。
神門の四隅には「青龍・朱雀・玄武・白虎」と呼ばれる神々が装飾されていました。

秋葉神社上社_四神

左上:青龍(せいりゅう)左下:玄武(げんぶ)右上:朱雀(すざく)右下:白虎(びゃっこ)

江戸中期からの歴史をもつ「井波彫刻」によって彫られた「四神」。
中国の神話に登場する霊獣だといわれています。
それぞれ天の四方の方角を司るといわれており、「東の青龍」「南の朱雀」「西の白虎」「北の玄武」と名付けられているようです。
四神は開運の力を持っていると信じられてきたので、お守りやパワーストーンに用いられることも多いのだそうですよ!
そんな縁起のいい彫刻の下を通る際には、ぜひ彫刻の端までじっくりご覧ください。

秋葉神社上社_小さい青龍

大きな四神の後ろに小さな可愛らしい四神がいるのもお見逃しなく。

この記事の関連タグ

0件のコメント

秋葉神社上社の見どころを調査!について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事