ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

徳川家康300年の歴史を刻む出世城

徳川家康が17年間在城した浜松城は、江戸幕府300年の原点となった場所です。
歴代城主の多くが後に、江戸幕府の重役などに出世したことから「出世城」と呼ばれてきました。
そんな浜松城は、歴史ある石垣の上に天守門を140年ぶりに復元した城です。

今回は浜松城の歴史に触れながらじっくりと探索していきましょう。

浜松城までの探索

駐車場を降りるとすぐに浜松城・・・というわけでもなく、浜松城公園へ着きます。
浜松城公園を探索しながら浜松城へと向かっていきます。

浜松城_地図

結構広いですね。自然があって素敵なところです。
浜松城_せせらぎ池

はじめに見えてくるせせらぎ池です。
カモがいました!涼しそうに水の中を泳いでいます。

浜松城_橋

何の種類の鳥かは分かりませんでしたが、野鳥もいました。自然豊かですね。

浜松城_上り坂
せせらぎの池を越え、案内板に沿って進んでいきます。少し山のように緩やかな坂になっています。

浜松城_展望撮影スポット
しばらく歩くと、浜松城展望撮影スポットへ着きました。
写真を撮ってみると・・・緑の中の立派な天守閣。とてもいい感じに撮れました。
まだ遠いけれどワクワクしてきます。

浜松城_門
さらに進んでいくと立派な門が現れました。
なかなか雰囲気があっていいですね。
浜松城へ続く入口は「東門」「北門」「南門」と三か所に分かれているようです。

門をくぐると道が開けてきました。

浜松城_散歩コース

自然に囲まれてのどかな雰囲気ですね!
お散歩コースにはもってこいの場所ではないでしょうか。

浜松城_日本庭園

こんな場所を見つけました。どうやら敷地内の日本庭園までたどり着いたようです。
橋と自然が、何とも言えない和の雰囲気を醸し出しています。
わびさびを感じますね。

浜松城_滑滝
ここは「滑滝」といわれているそうです。
斜面を伝い落ちる形の滝で、水の落ち方に変化をつけるための工夫が凝らされているよう。
水の量や周囲の四季の変化によって、様々な景色が作られて天竜川の一景観としても見ることができるそうです。

浜松城_日本庭園2
水の音ときれいな日本庭園・・・とても癒されます。
四季それぞれの景色もぜひ見てみたいものです。

浜松城_家紋の旗
日本庭園を通り抜けると天守門が見えてきます!
白地に黒色の模様をまとった家紋の旗が揺らめく姿・・・かっこいいですね。
この家紋は、「葵紋」と呼ばれていて徳川家が使用する、特別な家紋でした。
葵紋とは、フタバアオイと言われる植物を家紋にしたもので、水戸黄門での決め台詞「この紋所が目に入らぬか」で知られるようになった、葵の御紋のこと。
当時は悪党が、この葵紋を見ただけで抵抗をやめてしまうほど、とても権威のある家紋だったようですよ!

浜松城_天守門
「天守門」です。
天守門は、天守台の東に位置する櫓門(やぐらもん)で、浜松城の特徴的な存在です。平成26年3月に復元されたそうです。

ミニ知識 “門脇の鏡石”

天守門の石垣正面は、左右ともに隅に巨石が用いられています。
この巨石を鏡石と呼ぶことがあり、かつて城の壮大さや権力をみせるため門の両側や周辺に意図的な大きな石を用いたといわれています。
巨石を用いた部分は、角部を強固するための積み方にはなっていないというのが特徴です。

かがみいし・・・左右対称にあるからそう言われているのでしょうか。こういった意味を持っての日本語は本当にきれいな言葉ですね。

浜松城_天守門2

後姿もきれいです。

そしていよいよ石垣で出来た浜松城天守閣が見えてきます。

この記事の関連タグ

0件のコメント

徳川家康300年の歴史を刻む出世城について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事