お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful

浜松市西区

甘い物とあらばなんでも調査!がモットーの「ハマラボスイーツ部」。

本日のターゲットは、今年の3月にオープンした「浜松プリン Priful」。
オープン前から「浜松初のプリン専門店」としてSNSで話題になっていて、とても気になっていたのです!

浜松プリンと銘打っているわけですが、看板メニューは「花のプリン」。
実は、気候の温暖な浜松は指折りの花の生産地!
「浜松プリン Priful」では、食べられるお花をあしらったスイーツを楽しむことができます。
食べられるお花を「エディブル・フラワー」と呼びます。
エディブル・フラワーは、観賞用とは別に、食用に栽培するので、とても希少なんだそうですよ。
色鮮やかなお花の色は食卓を綺麗に彩り、とっても優雅な気分にさせてくれます。
エディブル・フラワーは世界中で食べられているんですよ。

実際に行ってみた

お店は浜松西インター入口のすぐ隣にありました。

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

高速道路入り口の真隣

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所] お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

店内に入ってすぐにショーケースが。

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所] お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

一個からでも購入できますが、3つセットになっているものもありましたよ。
お土産なんかによさそう!

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所] お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

販売してるプリンは全てここで手作りされたもの。
店内にキッチンがあり、その日販売するものはその日に作るようにしているそうです。
常に新鮮な状態で提供するために作り置きして翌日に持ち越すことはできないとのこと。
常にフレッシュな状態を楽しめるのは嬉しいですね。

現在(2019年5月)販売中のプリンは、

  • プレーン(390円)
  • フラワー(430円)
  • 抹茶(430円)
  • みかん(450円)
  • いちご(450円)

以上の全部で5種類。
それぞれについて、チーフの西山さんにお話を伺いました!

プレーン

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

バニラビーンズにこだわりを持っています。
1キロ10万円のバニラビーンズをつかっています。
高騰しつつあるバニラビーンズですが、うちはかなりこだわってふんだんに使用しています。

プリン自体は、やわらかくなめらかな食感が魅力のプリンです。
味にも段階的に変化をつけています。
上の方はあっさり、食べ進めていくに従って濃厚になっていくように作っています。

フラワー

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

花の街、浜松ということでお花を使った商品をと考え作ったのがフラワープリンです。
季節によってその時に旬なお花をカラフルな色で揃えています。
今(5〜6月ごろ)だとパンジーのお花がジュレに入っています。今、使用しているパンジーは浜松産なんですよ。
プリンももちろんそうですが、ジュレもここで手作りしています。
ジュレには天然のローズから抽出したエキスが入っています。
ジュレの鮮やかなルビー色はそのローズのエキスの色なんですよ。

抹茶

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

掛川産の抹茶を使用していて、これも1キロ1万円と素材にこだわって作っています。

三ケ日みかん

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

地元産のものにこだわっているので、みかんも三ケ日みかんを使用しています。

いちご

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

紅ほっぺを使用しています。舘山寺にある農園から毎朝仕入れています。
朝摘みのいちごをその日のうちに使用します。

いちごと三ケ日みかんは季節ものの商品のため、ゴールデンウィークか5月中旬あたりまでの販売になるそうです。
季節限定ものといわれて、俄然、気になるのは次シーズンの商品ですが…、
今、ブルーベリーとマスカットを試作中なんだそうです!絶対おいしいやつ!
6月からピオーネとシャインマスカットが都田の方で収穫できるようになるそうで、それを使ったプリンを考案中なんだそうです。

秋には、次郎柿など…今後の展開に夢が広がりますね! フルーツを使った商品は、地元産のものを使用していきたいとのこと。

気になる売れ筋は?

統計的に見るとプレーンが一番の売れ筋商品だそうです。
そして、一番売り切れてしまうのが、いちご。
なぜかと言うと、農家さんから買えた分のいちごしか販売が出来ないからとのこと。
農家産の厳選されたいちごのみが出荷されるので、仕入れの量はその日によって変わるのだそうで、仕入れが出来た分の販売になるので、その日によって販売できる商品の数も変わるそうです。

いちごは、一番レア商品なんですね!

フラワーは、女性のリピーターが多いですね。
やはり、お花は食べるものというイメージがあまりメジャーではないので、食用のお花と聞いてすこし敬遠される方もいるそうですが、一度食べてみてファンになる方も多いのだとか。
コアなファンもいて、フラワープリンのみを一度に5〜6個買っていくお客様もいらっしゃるそう!

いざ実食!

まず、めざとく見つけてしまったのがバニラビーンズ!

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

見てください!高級バニラビーンズがこんなにもたっぷりと!

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

みずみずしいジュレ

まず、感動したのが香り!
ローズのいい香りが蓋を開けた瞬間から香りました。
この香りを逃すまいと、思わず、その場で深呼吸しましたね。
ローズの香りはストレス緩和に効果があるそうですよ。
女性に対してその効果はテキメンで、幸せな気分になれるそうです。
ジュレの中には、パンジーの他に果汁の詰まったフルーツゼリーボール!
口の中でぴゅっとはじけてジューシー!いいアクセントになっていました!
ジュレはそれ単体でも美味しかったです。
ジュレを思う存分楽しんだ後に、瓶の底のバニラビーンズと一緒にプリンと混ぜ混ぜして食べるのがオススメですね!

プリンの他にも…

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

プリンの他にもブーケソフトクリームも販売しています。
ローズ、ミックス、バニラの3種類!
ローズは、フラワープリンに入っている天然ローズのエキス入り!
コーンの部分はバターのサブレを使用していてサクサクとした食感が美味しいです。

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

店内もかわいい

店内にはイートインコーナーがありました。
カラフルでかわいい!

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

天井を見上げるとお花が!内装も凝っていて素敵です。

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

お持ち帰りの際は…

プリンですが、持ち帰る時は保冷剤のサービスがあります。

3時間までは無料で保冷剤をつけてもらえます。
3時間以上は350円かかりますが、保冷バックをつけてもらえるそうです。
こちらは新しく作ったというオリジナルの保冷剤バック。

お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful|ハマラボ[ハママツ研究所]

かわいい!
お土産のパッケージとしても遜色ないデザインですね!
市内の人も、リピ買いした時にプリン専用としてこのバックがあると便利かも!

今後は?

最後に、西山さんに今後の展望を聞きました。

浜松プリンを作って販売することで、地元の活性化になっていけたらと考えているので、なるべく地元のものを使って商品を作っていきたいですね。浜松に来たらプリン買って帰ろうか、と言ってもらえるように、いずれは、なっていけたらいいなと思っています。

結果報告

浜松プリンはおいしい。
香り豊かなフラワーは花の香りが好きな人には特におすすめ!
新しい浜松のご当地スイーツ、一度ご賞味あれ!

この記事を書いた人

はまらぼすぃーつぶ
はまらぼすぃーつぶ
甘い物とあらばなんでも調査!をモットーとし浜松のスイーツを食べまくる部活。

0件のコメント

「 お花のプリンが食べられる!浜松プリンPriful 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る