みどり~なで北欧発の健康法を調査!

浜松市南区

「ノルディック・ウォーク」をご存知でしょうか?
「ノルディック」という名の通り、北欧発祥のフィットネスで、そのヘルスケア効果の高さから、近年日本でもブームになっているウォーキング法です。
今回は、そんなノルディック・ウォークが浜松でも体験できると聞き、調査してまいりました!

ノルディック・ウォークとは?

ノルディック・ウォークは、2本のポールを持ってクロスカントリースキーのように行うウォーキング。発祥は北欧の地、フィンランドです。ポールを使うことによって歩行が補助されるだけでなく、全身を動かすのでより運動効果も高まる、と、近年じわじわ広まっているのだとか。
ヨーロッパでは広く普及していて、現在では800万人をこえる人々がポールを使ったウォーキングを楽しんでいるのだそうですよ。

調査の為向かったのは「都市緑化植物園 浜松市緑化推進センター みどり~な」。南区大塚町に位置し、約500種15000本の植物と四季折々の風景を楽しむことができる都市型植物園です。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

みどり~なでは定期的に「みどりと花を愉しむノルディック・ウォーク」が開催されており、今回はそちらに参加させて頂きました。

無料の駐車場に車を止め、受付に向かう途中で年間予定表を発見。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

いざ体験!

受付は管理棟で行います。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

カウンターで「ノルディック・ウォークに参加したいのですが……」と伝えると、「みどりと花を愉しむノルディック・ウォーク」を主催する「M笑むP」の方がすぐに案内してくださいました。 参加費は300円、ポールは数量限定ですが200円でレンタルが可能な為、初心者でも気軽に体験することができます。 ポールの長さは身長×0.63が目安。ひじを直角に曲げて、2cm程度ひじを下げたくらいに調整します。ポールには目盛りがついているため、簡単に調節することができました。 参加者の証であるたすきを肩にかけ、いざ体験スタートです。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

まずは園内「なかよし芝生広場」で、ウォーミングアップを行います。
怪我がないよう、ポールを使って入念にストレッチ。

ウォーミングアップを終えると、M笑むPの方が声をかけてくださり「園内ゆっくり組」「園外ゆっくり組」「園外スタスタ組」の3チームに分かれます。
初心者は園内ゆっくり組からスタートです。

まずは芝生でノルディック・ウォークの歩き方を教わります。
効果のひとつである「姿勢の矯正」のためにも、この歩き方が重要です。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

グリップはストラップに手を通し、握ってからマジックテープで固定。力を入れすぎず、軽く握ります。
姿勢を正して、ポールは出した足のつま先と土踏まずの間から横に伸びた位置に突きます。足は踵から地面につけ、腕の振りを意識しながら歩きます。
文字にすると簡単そうですが、やってみると意外と難しい。4足歩行のリズムを掴むまで少しコツがいりました。

歩き方の指導を終えると、いよいよウォーキング。
園内を自分のペースで歩き出します。他の参加者やM笑むPの方が姿勢や歩き方を適宜教えてくださるので、歩き方がわからなくなってしまうこともなく、比較的スムーズに進めることができました。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

緑でいっぱいの園内。花や樹木を楽しみながら歩きます。
みどり~な園内のコースは1周700m。10分程度かけて回ると、それだけでかなり汗をかきました。

ノルディック・ウォークの利点

10分程度のウォーキングで汗をかくのにも理由があります。
ノルディック・ウォークはポールによって上半身も動かす全身運動。なんと全身の90%の筋肉を使っているそうですよ。姿勢が矯正されて背筋が伸び、大股になるので、消費エネルギーも通常のウォーキングに比べて20%も多いのだとか。

園内ゆっくり組はその後坂道の登り方、下り方などの練習も含めながら2周を歩き、全部で3周、およそ2.1kmを歩きました。
ゆっくり自分のペースで歩いたにも関わらず体はかなり温まります。やはりエネルギー消費量は普通に歩くよりも多いのだと実感。

なかよし芝生広場に戻り、クールダウンです。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

ウォーミングアップと同じように、ポールを使って行います。
しっかりと腱や筋肉を伸ばして、1時間半のノルディック・ウォーク体験は終了です。

慢性的な運動不足から2kmのウォーキングをしたにも関わらず、足腰が痛くならなかったことが印象的でしたが、これもノルディック・ウォークの利点のひとつ。
ポールを使った4足歩行をすることで、足腰への負担が減るのだそうです。
消費エネルギーや使用する筋肉は増えているのに、体感的には楽に感じるため、リハビリ医療や、介護現場で活用されることもあるのだとか。

浜松市緑化推進センターみどり~な_みどり~なで北欧発の健康法を調査!|ハマラボ[ハママツ研究所]

みどりと花に囲まれて気持ちのいい汗をかいたところで、今回は調査終了です!

結果報告

思っていた以上に、運動効率の高さを実感することができた体験でした。
約500種類もの植物が植栽されている中を歩くので、景色を見飽きることもなく、楽しんで運動ができますよ。
みどり~なの方、M笑むPの方、参加者の方、皆さん優しくフレンドリーで、歩き方の指導や、ノルディック・ウォークの目標、みどり~なで見られる生き物についてまで教えてくださり、とっても居心地がいい空間でした。
土曜日には浜名湖ガーデンパークでのノルディック・ウォークも行っているそう。
興味を持たれた方はぜひ参加してみてくださいね。

この記事を書いた人

ハママツ研究所
ハママツ研究所
浜松を愛し、浜松に愛されることを目指して日々研究に没頭中

0件のコメント

「 みどり~なで北欧発の健康法を調査! 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る