小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル

浜松市西区

一度は行ったことのある方も多いであろう浜名湖パルパル!
この特集では、浜名湖パルパルでの小さなお子様が楽しめるような見どころや、アトラクションを調査、分析してご紹介致します。

キャラクターと記念撮影!

調査を行ったのは7月16日。夏真っ盛りとあって、入園前から浮き輪やタオルを持ったお子様が見受けられます。チケットブースには「パルプール」の文字。どうやら夏季限定プールは大人気の様子。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

エントランスを抜けると、まずこのパルパルの代表的キャラクター「パレオ」がお出迎え。
ピノキオのようにいたずら好きで冒険が大好きな男の子だそうです。両脇には歌とダンスと花が好きな女の子「パーラ」と謎を秘めたマスクの怪人「マスケラーナ」もいます。

さらに中に進むとリアルサイズの「マスケラーナ」に会うことが出来ました。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

食べることが大好きな三枚目「トマト―ナ」の姿もあります。お子様たちと仲良く記念撮影中のようです。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

ここ、センターハウスではパルパルファミリーとのグリーティングを楽しむことが出来ます。開園直後は写真撮影のチャンス。たくさんのお子様が触れ合っていました。

このパルパルファミリーたち、作者はなんとあの有名な幼児向けアニメ「アンパンマン」を手掛けているやなせたかし先生だということはご存知でしょうか?
よく見るとくりっとしたキュートなタッチがアンパンマンのキャラクターと似ています。
パルパルファミリーは全部で30人以上いるそうですよ。お子様と一緒に探してみるのも楽しいかもしれません。

センターハウスを抜け、エントランスゾーンへ。
ここからは屋外のため、防暑グッズを忘れずに!センターハウスにある土産店、パルショップでは、防止や扇子なども販売していました。
それではさっそく、小さなお子様が楽しめるアトラクションを調査していきましょう!

エントランスゾーン

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

まず目に飛び込んできたのがこちらの「回転寿司カート まわるんじゃー」。
なんと国内初の寿司をテーマにしたアトラクションだそう。お寿司の形をした丸いカートに乗り、時間内にすしポイントをゲットしていくタイムレースです!
お父さんお母さんと一緒に乗ることができ、激しい動きも少ないため、小さなお子様も楽しめるのではないでしょうか。

エントランスゾーンにはパルパル最大のアトラクション、「メガコースター 四次元」のレールが全体に敷かれていて、時折悲鳴とともに猛スピードのライドが走り抜けていきます。しかし「四次元」は7歳以上からのアトラクション。
スリルや爽快感を味わいたいという小さなお子様におすすめなのが、こちら「ミニコースター」です。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

全体はおよそ2分のコースです。対象年齢は4歳以上、お父さんやお母さんと乗り込むことができる2人乗りのライド。最高時速は46.8kmとそこまで早いわけではないのですが、コースターが小ぶりのため思った以上にスピードを感じます。しかし急降下は少なく浮遊感はほぼ感じないので、小さなお子様や、絶叫系が苦手な方も楽しんで乗ることができるのではないでしょうか。
また、個性あるスタッフの方もこのアトラクションの魅力の一つ!一人一人のお客さんとお話をしたり、時にはいじりにいったりと…お子様にも人気なとてもおもしろいスタッフさんでした。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

センターハウスに戻ると、2階に怪しげな家を発見しました。
こちらはいたずら好きなかわいいおばけ「バッケ」が住み着いたアトラクション「バッケとかくれんぼ」。
バッケが仕掛けた様々なトラップをクリアして、導かれた最後の部屋を目指すウォークスルー型アトラクションです。
夏といえばお化け屋敷!ですが、本格的なお化け屋敷は怖いという小さなお子様にも楽しんでもらえそう。
すぐそばにはお座敷も使えるカフェテリア形式のレストラン、「パクパク食堂」もあります。休憩がてら、暑さから逃れて屋内アトラクションを楽しむのはいかがでしょうか。

レイクサイドゾーン

センターハウスをでて、どこかイタリア風の橋を渡ると、レイクサイドゾーンに到着。
文字通り浜名湖に隣接したエリアで、遊覧船やサイクルボートを楽しむことができます。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

少し歩くと見えてきたのは屋内アトラクション「ドラゴンファイター」。
ライドに乗ってレーザー銃で敵を倒していくシューティングアトラクションです。
稲妻の森・氷の大地・海底洞窟・マグマ地帯の4つのシーンを巡りながら、伝説の武器を手に取り、ドラゴンを倒す冒険を楽しむことができます。
特に男の子におすすめのアトラクションです。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらは「急流すべり ドン・ブラーコ」。
最大傾斜角14mから落下するアトラクションです。
水の涼し気な音に誘われて乗ってみると、14m、意外と高い!
浜名湖を眺めながら水流に乗って遊覧することが出来ました。
浮遊感があるほどの急滑走は最後だけ!スリルと楽しさがバランスよく、お子様や絶叫が苦手な方も楽しんで乗ることが出来ると思います。3歳以上で身長95cm以上のお子様からご利用できますよ。
おすすめはやっぱり一番前!急降下の浮遊感は少なくなるので乗りやすく、水しぶきは大迫力で楽しむことが出来ます。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

「ドンブラーコ」を降りて左手に、なにやら大きな…アスレチックでしょうか?
こちらは謎解きやアスレチック要素も含んだ体験型アトラクション「立体迷路 デテミーヤ」。
様々なカラクリや障害物を乗り越え、5階建て、高さ約12mの迷路内に隠されたスタンプを探しながら、最上階を目指します。
こちらも3歳以上から遊ぶことができるアトラクション。お父さんお母さんと一緒に迷路探検を楽しみましょう。屋外で体を動かすアトラクションのため水分補給は忘れずに!

モンテゾーン

大きな観覧車を目印に坂を上っていくと、モンテゾーンに到着します。
こちらでは展望デッキから浜名湖や、かんざんじロープウェイを見ることができますよ。
風がよく通る涼しいベンチで休憩をされているご家族もお見掛けしました。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

展望デッキから見える赤い列車は「トマトーナのグルメトレイン」。
食べることが大好きな「トマトーナ」のグルメの旅にトマトが燃料の列車、トマトーナ号で行くことができます。踏切もちゃんとありますよ。
春には桜が満開になると、「お花見トレイン」に変身するそう。
アトラクションの休憩がてらに乗るのもいいかもしれませんね!

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

展望デッキのある広場に戻ると、かわいらしいアトラクションが目に留まりました。
こちらは「カボチャーニとおでかけダックス」。
キョロキョロ目が動くダックスフンドの背中に乗って、メリーゴーランドのように回るアトラクションです。
こちらは3歳から一人で乗ることができるため、柵の外側からお母さんがシャッターチャンスを狙っている場面を見かけました。
「カボチャーニ」はかぼちゃ作りの名人で、他の畑も手伝う面倒見の良い人だそうですよ。アトラクション内のお花畑はカボチャーニが育てているのかもしれません。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

そしてモンテゾーン一番の見どころはやっぱり大観覧車「コクー」。
全高約60m(海抜約85m)で浜名湖を一望できる雄大な景色を眺めることができます。
クーラーが完備されたゴンドラは6人乗り。家族みんなで1周約11分の快適な空中遊覧を楽しみましょう。

CMで話題!イベント紹介

パルパルにはアトラクションの他にもたくさんの見どころがあります。
CMでも話題のイベントを調査致しましたのでご報告いたします!

パルプール

やっぱりまずは7月8日にオープンしたパルプール!
流れるプールは全長230m、幅5m!流れの速さは秒速1.8m、深さ1mです。

浜名湖パルパル_小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル|ハマラボ[ハママツ研究所]

流れる流水プールの他にも、ベビープールやキッズスライダー、バケツアウト、ウォーターフォール&シューティング、ベビーバンジーなどがあります。

また、パルプールでは、パルプール売店や、水着を着たままで食べることのできるフードコート、テイクアウトショップもあるので、プールから出ることなく、食事やお買い物をすることができますよ。

泡パーク

8月1日~31日にかけて始まる「泡パーク」もおすすめ!
小学生以下限定のイベントで、泡まみれになって思いっきり遊べちゃいます。
その他、水風船の的当てコーナーや、ウォータースライダーなどもあります。
プールとはまた違った楽しさがありそうですね!

イベントショースケジュール

アトラクションだけではなく随時開催されているイベントショーもオススメ!
調査を行った日には、「キラキラ☆プリキュアアラモードショー」が行われていました。
ショーの内容は写真に収めることが出来ませんでしたが、やはり大人気プリキュア!女の子達から抜群の支持率でした。
イベントショーは、随時いろいろ行われているので、チェックしておきましょう(ステージショー丨浜名湖パルパル:https://pal2.co.jp/show/ )。

結果報告

この記事では、ほとんど3歳から乗れるアトラクションを調査、分析致しました!
パルパルではなんと、2歳で12個、3歳で24個ものアトラクションに乗ることができるそうですよ。パルパルで遊園地デビュー、なんて方も多いのではないでしょうか。
また、アトラクションの他にも、迷子対応サービスやベビーカーの貸し出し、授乳室やおむつ替えコーナーの設備など、ファミリー向けのサービスが充実している印象を受けました。
今回の記事では、小さなお子様と楽しむパルパルを調査致しましたが、次回は小学生からお父さんお母さんまで楽しめる、ちょっと大人なパルパルを調査致します!

その他の浜名湖パルパルの記事を読む

この記事を書いた人

レイヤー
レイヤー
プライベートは全力、仕事はそつなく、脱力系女子。

0件のコメント

「 小さなお子様と楽しむ!浜名湖パルパル 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る