ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

フルーツパークで童心に返る

はままつフルーツパークとは、1996年に「浜松市フルーツパーク」として開園した浜松市北区都田町にある、面積約43万㎡の植物園です。
2012年12月に園内再整備のため一旦休園、翌2013年4月に指定管理者制度を導入、株式会社時之栖によってリニューアルオープンしました。

幼少期に来園した際の記憶では、

・季節のフルーツが自分の手で収穫出来る
・大型のフルーツ型のアトラクション遊具がある

「浜松市周辺で子供連れの家族が手軽に楽しめるテーマパーク」という印象でしたが、リニューアルしてからは、フルーツ狩りやアトラクション遊具に加えて

・トロピカルワインカーブ
・フルーツ工房
・セグウェイ体験
・イルミネーション(季節限定)
・ペルレ(フルーツバイキング)

などなど。たくさんの新しいお店が追加され、大人も楽しめる充実した施設に生まれ変わっていました!

いざ入園!

フルーツパーク入口

平日の朝一番だったこともあり、客足はまばらでした。すんなり入ることができてよかったです。
入園料700円を支払い、いざ入園です。

フルーツパークセグウェイ体験

早速「セグウェイ体験」を発見しました。坂道が多かった記憶がありますが、セグウェイで登ることが出来るのでしょうか!?

この記事の関連タグ

0件のコメント

フルーツパークで童心に返るについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事