ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

舘山の魅力を分析する

舘山(たてやま)に開かれた寺であることから、舘山の寺という意味で名付けられた「舘山寺(かんざんじ)」。
当時は舘山寺という寺号でしたが、今では「曹洞宗 秋葉山 舘山寺(そうとうしゅう あきはさん かんざんじ)」と呼ばれています。

御本尊は、福一万願虚空蔵菩薩(ふくいちまんがんこくうぞうぼさつ)様が祀られています。
無限の知識と慈悲をもち、知恵と福徳を授けてくれる仏さまとして知られているようですよ!

それではさっそく行ってみましょう!

舘山寺_地図

舘山寺の駐車場は、30分間は無料。1時間まで300円。それ以降の場合、30分毎に100円となっています。

縁結びの地蔵

境内の本堂に向かって左手側にある「舘山寺縁結地蔵尊」。
縁結びのお地蔵様として知られ、多くのひとが訪れています。

舘山寺_縁結び地蔵

びっしりと奉納された絵馬。独特の雰囲気を醸し出しています。日々たくさんの人々が、願いを託しているのですね。
見えづらいのですが、奥のほうにお地蔵様がいらっしゃいます。
絵馬は福一万願虚空蔵菩薩特有のデザインで、「心」「願」と書かれた二種類のデザインになっているんですよ!
良縁の願を忘れないように「心」の思いに鍵をかけて「おじぞうさん」にすべてを託し、純粋な気持ちでいるよう心がければ成就する、ということを意味しているようです。

珍しいデザインでとても気に入ってしまいました。

カップルの愛を誓った絵馬や、出会いを願掛けした絵馬がたくさんありました!
みなさんの願い、叶うといいですね。

日本の凛々しさを感じさせる愛宕神社

舘山寺のすぐそばに愛宕神社があります。

祀られている神として「火之迦具土神」が知られている愛宕神社は、舘山寺の北の外れに創建されています。
旅館や土産物屋の中を北に向かって行くと、鳥居が見えてきますよ。

舘山寺_愛宕神社鳥居
愛宕神社の鳥居です。
とても堂々とした佇まい・・・
鳥居の上にはまるでぼんぼりのような電球がついています。夜には足元を照らすようにライトアップされるのでしょうか。幻想的な風情がありそうですね。

鳥居をくぐると、長い階段が待っています。

舘山寺_愛宕神社石段
木々のおかげで日陰になっていました。
石段で出来ており、両脇には石灯篭。なんだか格式が高い印象を受けます。

そして階段を登り終えるといよいよ参拝堂が見えてきます。

舘山寺_愛宕神社参拝堂

日の丸国旗と狛犬に赤いお賽銭箱。
まさに誇り高き日本の神社という雰囲気ですね。

この記事の関連タグ

0件のコメント

舘山の魅力を分析するについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事