金運パワースポット!?宝林寺にお参り

浜松市北区

奥浜名湖地域にある国指定重要文化財を有する5つの寺院、湖北五山。
方広寺や龍潭寺など、井伊直虎ゆかりの寺も多く、昨今注目されていますが、その中のひとつ、初山宝林寺は、その他4つの寺院とは一味違った雰囲気です。
今回は初山宝林寺にお参り。その歴史や見どころを調査致します!

初山宝林寺ってどんなところ?

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

初山宝林寺は、曹洞宗、臨済宗と並ぶ日本の三禅宗のひとつで、江戸時代を始まりとする黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院です。
黄檗宗開祖である隠元(いんげん)禅師と共に日本に来た明国の僧、独湛(どくたん)禅師が、当時その地を治めていた近藤貞用の尊崇を得て、寛文4年(1664年)に近藤家の菩提寺として創建しました。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

駐車場から境内に向かうと、まず見えてくるのがこちらの山門です。
元禄6年(1693年)に建てられ、正面には開祖隠元禅師の書「初山」の文字がかけられています。静岡県の有形文化財に指定されているのだそう。

山門を抜けると見える立派な仏殿(本堂)は、湖北五山の証でもある国指定の重要文化財。
入母屋造(いりおもやづくり)のこけら葺きで、黄檗宗が日本に伝えられた江戸時代初期の建築様式を現代に残す貴重な建築物です。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

仏殿では、宝林寺の本尊である釈迦如来像をはじめ、達磨大師像や梁の武帝像、二十四諸天像などが祀られており、それぞれ県指定文化財に登録されています。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

本尊である釈迦三尊像

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

二十四諸天像は中国及び日本における仏教の護法善神。迫力があります。

仏殿の奥には、同じく国の重要文化財に指定されている建築物、方丈がありました。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

方丈は、歴代住職の起居堂として、また修行僧との問答の場として正徳6年(1716年)に建造されました。
現在は、中央の仏間に開山である独湛禅師の等身大木造肖像彫刻を祀っています。

仏殿右手には近藤家代々の位牌を安置するよう、独湛禅師によって建てられた報恩堂があります。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

明国の僧によって開かれた宗派であることを感じさせる、中華風の建物です。
こちらは市の指定文化財に登録されているほか、洋風肖像画の先駆者で長崎の画人、喜多元規による「独湛禅師画像」「近藤貞用夫妻画像」などの絵画を所蔵しており、それらも県指定文化財になっています。

金運のパワースポット?

これだけの文化財を有する宝林寺ですが、歴史的な見どころとは別に、参拝者に人気のスポットがあるんです。
実は初山宝林寺は金運のパワースポットとしてもとても有名。
ここからはその見どころをご紹介致します。

まず訪れてほしいのは、山門から左手に伸びる道を進んだ先にある龍文堂という建物。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらでは、鎮守、龍文坊大権現を祀っています。

"今から300年ほど前、門前の村に神童と呼ばれる子供がおり、その子供は独湛禅師と何度か会ううちに僧になることを決意、名を龍文と改め、禅師の弟子となりました。 龍文は僧としても非凡な才能を発揮しましたが、ある夜、裏山に入ったきり戻りませんでした。 実はその夜、宝林寺の本山である京都宇治の萬福寺で火事が起き、「初山の龍文」と名乗る僧がその火を消したといわれています。 この宝林寺が火事もなく300年も続いているのは龍文さまの守護があればこそと、この龍文堂が建てられました。" 「鎮守龍文大権現」

元々は火伏せの神として信仰されていましたが、現在では願掛け、各種祈祷の神として知られているのだそう。

この龍文堂へのお参りが、金運上昇祈願にはマストです!

龍文堂の脇には、阿弥陀三石佛が祀られており、その近辺には「金運上昇」と書かれた黄色ののぼりが立てられています。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

近づいてみると、なにやら平たい石のようなものを発見。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

こちらが金運のパワースポットたる所以となった、金運上昇のご利益があるという不思議な石「金鳴石」です。
独湛禅師が中国からお持ちになられたと伝えられており、正面には「支那金鳴石初山永宝」と彫られています。

叩くと石とは思えないような澄んだ音が鳴ることから、「金鳴石」と呼ばれるようになったのだとか。
「商売繁盛の石」「お金の成る石」「宝くじが当たる石」として知られており、お参りが絶えないそうですよ。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

まず龍文様に願い事をしてから金鳴石を叩くとその願い事が叶うといわれています。
金鳴石の手前にある石で叩いてみると…確かに「キーン…」と澄んだ不思議な音がしました。
案内所では金鳴石のご利益を分けるパワーストーンも販売しており、そのパワーストーンで金鳴石を叩いてお参りするとより一層のご利益が得られるのだとか。

宝林寺_金運パワースポット!?宝林寺にお参り|ハマラボ[ハママツ研究所]

すぐ右手に見える絵馬には、やはりお金や宝くじに関する願い事がたくさん書かれていました。もしかしたらこの中に御利益があった人がいるかもしれませんね。

文化財に金運パワースポットと見どころ盛りだくさんの初山宝林寺、ぜひ足を運んでみては?

結果報告

歴史ある湖北五山のひとつであり、金運上昇祈願でも人気の高い初山宝林寺。
サマーと年末には忘れずにお参りしたい寺院ですね。
中華風の建物が並ぶ境内は他のお寺とは少し変わった雰囲気で、とても興味深く拝観しました!文化財に指定された木造彫刻が立ち並ぶ仏殿も圧巻。参拝の際にはぜひご覧ください。

この記事を書いた人

ハママツ研究所
ハママツ研究所
浜松を愛し、浜松に愛されることを目指して日々研究に没頭中

0件のコメント

「 金運パワースポット!?宝林寺にお参り 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る