御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能

御前崎市/牧之原市

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

御前崎観光でショッピング&グルメを楽しむなら「御前崎海鮮なぶら市場」がオススメ。
静岡で水揚げされた新鮮な魚を堪能しよう!

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

目が虚無。だが、呑気な雰囲気のカツオ。好き。

建物前にはでっかいカツオがお出迎え。
オブジェの下がリアカーのようになっているので移動できるカツオ。

海遊館&食遊館

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

御前崎海鮮なぶら市場は二つの建物に分かれている。
上の写真のアーチに向かって右側が飲食店が立ち並ぶ食遊館。左側が海産物やお土産のショップが立ち並ぶ海遊館だ。

まずは、食遊館で腹ごしらえ

食遊館には、団体のお客さん用の大きな食事処やお寿司屋さん、煮魚定食などが美味しい和食レストラン、カツオのタタキ定食が売りの船元直営店が出店している。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

どこに入ろうかウロウロしていた時に、この張り紙が目に入った。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

「御前崎はまぐろじゃなくて鰹(カツオ)です!」

じゃあ、カツオを堪能できるところにしましょうということで、船元直営の一本釣り船、日光丸が釣ったカツオをいただくことができる「一本釣り日光丸」さんに入店。

藁焼きかつおたたき定食を注文。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

店内からは、調理風景を覗くことができる。
カツオをジュワッと火で炙る。藁焼きの香ばしい匂いをガラス越しに感じ、テンションが上がる。

日光丸流のタタキの食べ方によると、まずは塩をひとつまみカツオにふりかけ、素材の味を堪能、次に塩プラス薬味、最後に日光丸コック長直伝の醤油ダレでいただくのがオススメらしい。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所] 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

うーまい!
藁で炙るとなんでこうも美味くなるんでしょうね。
私は塩プラス薬味が一番美味しく感じた。
肉厚のタタキ、最高!!!

海遊館でお土産を物色

水揚げされた魚や佃煮や干物などの海鮮や御前崎土産のショップが出店。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

一尾まるまる。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所] 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所] 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

お寿司売ってる!しかも、安い!

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

数分前にカツオのタタキ定食食べたばっかりなのに、もうお寿司食べたい。

もちろんわかめや、

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

シラスや干物も。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

さっきからなんか美味しそうな匂いするな、と思ったらイカ焼きだ!

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所] 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

削りたての鰹節も!

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]
御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

ふわふわ

お土産としてお菓子も充実。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

御前崎銘菓の亀まんじゅうもここで買うことができる。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所] 子供用のおもちゃまで海関係のおもちゃが多く面白い。 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

用途不明なのになぜか購買意欲を掻き立ててくるタコらしき謎の足。ちょっとほしい。

一通り見て回った後はジェラートで一息

締めは「イタリアンジェラート・マーレ」のジェラート。
ここのジェラートはチャレンジャーな味付けが魅力。

「シラス味」「わさび味」は味の想像がつかない分、一度は食べてみて欲しい一品だ。
ちなみに、私は両方食べたことがある。
「あ、シラスの味する!」と、ちゃんと素材を感じるのにスイーツとして成立しているのが摩訶不思議な体験。普通に美味しい。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

今回は、御前崎の銘茶「つゆひかり味」と季節限定の「むらさきいも味」。
その時の旬のものがジェラートになっているので何度行っても飽きない。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

「イタリアンジェラート・マーレ」のジェラート初体験の連れはわさび味をチョイス。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

きみどり色ではないところに本気を感じる「わさび味」

結果報告

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

海鮮を余すことなく堪能し満足。

最後に、「なぶら市場」の「なぶらって何?」というミニ知識を。

昔の御前崎の漁師さんは、カツオの群れを発見すると「なぶらだぞ〜!」と叫んで仲間に知らせていたそう。

魚群」。この漢字をなんと読むか?
「魚群探査機(ぎょぐんたんさき)」にも代表されるように、多くの人が「ぎょぐん」と読むのではないかと思うが、「なむれ」とも読むそうで、その発音が変化し「なぶら」と読むようになったとの説があるようだ。

おまけ

買っちゃった。

御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能|ハマラボ[ハママツ研究所]

人生で初めて鰹節の節になってるやつ買った… これを人は浪費と呼ぶ。

この記事を書いた人

さんかく
さんかく
猫好きなのに猫アレルギーかもしれない。

0件のコメント

「 御前崎海鮮なぶら市場でカツオを堪能 」についてのコメント募集中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップに戻る