ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

天浜線佐久米駅でカモメと記念撮影

浜松のローカル線、天竜浜名湖鉄道。
二俣駅で行われる転車台見学ツアーや、都田駅併設のおしゃれな駅カフェなど、駅そのものに見どころが多い天浜線ですが、「冬にのみ絶景が見られる駅」があるのをご存じでしょうか?
今回調査するのは天竜浜名湖鉄道「浜名湖佐久米駅」。通称「○○○がくる駅」です!

佐久米ってどんなところ?

浜名湖佐久米駅は、北区三ヶ日、浜名湖畔にある天竜浜名湖鉄道の無人駅。

佐久米駅_外観

駅から徒歩10分のところには佐久米海岸があり、春から夏にかけて潮干狩り・ウインドサーフィン・ヨット・海水浴と多くの若者や家族連れで賑わいます。

「佐久米」という地名は、「佐久」は狭く先が細くなった形、「米」は集落を指すといわれており、その通りの地形であるこの地に佐久米という名がつけられたようです。

佐久米駅_牛のトイレ

駅舎の横には、可愛らしい牛型のトイレがありました。

佐久米駅_仔牛

仔牛もいる

冬だけ見られる○○○の大群

海岸近くの立地で夏場賑わう佐久米駅ですが、秋が終わり冬も本番の寒さとなってくるとまた賑やかさを取り戻します。
その理由を実際に調査すべく、ハマラボ研究員が現地に向かいました!

佐久米駅_内観

無人駅のため改札などはなく、駅舎はどこかレトロな雰囲気。
駅舎からホームに出ると、「冬、賑やかな理由」が早速出迎えてくれました。

佐久米駅_カモメの大群

かわいい!
駅のホームで待ち構えていたのは大群のカモメ。
ここ、浜名湖佐久米駅は「カモメがくる駅」としてメディアにも取り上げられたことのある駅なんです。
毎年11月~3月の間、渡り鳥であるユリカモメが飛来します。佐久米駅長が電車の時間にあわせて餌付けを行い、カモメたちもそれに合わせて駅へと集まるため、電車とカモメの躍動感あふれる写真が撮れる、と観光客も多く訪れるのだとか。

佐久米駅_注意書き

観光客向けの撮影マナーが書かれた看板もありました。

この記事の関連タグ

0件のコメント

天浜線佐久米駅でカモメと記念撮影について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事