ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

シルクロード文化を直接感じる博物館

磐田市上野部にある「シルクロードミュージアム」。
シルクロードミュージアム周辺は、川のせせらぎや鳥のさえずりなどが聞こえてくる、山に囲まれたのどかなところ。
館内では、紀元前三十年ごろから十五世紀ごろまでの彩文土器や、陶器、仏像、コインなどシルクロードに関係する、大変貴重な美術品を数多く展示されているようです。

しかし!とある噂によると、建物も展示方法も従来の博物館とは少し異なるとのこと。
一風変わった博物館、シルクロードミュージアムとは一体どのような施設なのか、調査してきました!

シルクロードミュージアム_外観

展示の舞台“古民家施設”の歴史

門をくぐり敷地内に足を踏み入れると、歴史的な風格を感じる大きな古民家と素敵な日本庭園が広がっていました。

シルクロードミュージアム_外観2

この建物は300年以上前に建てられた、歴史ある『豪農の古民家』を改装して博物館になったのだそう!
これほど古い建物は、国内でも珍しいといわれており、建物自体にも文化的魅力があります。
また、神社仏閣の建築と同じように、釘を一本も使わずに建てられているのだそうですよ!
釘を使わずにこんなにも長い時代を経ているとは・・・!すごい・・・。

敷地内も広く、日本庭園も立派で和を感じさせる佇まい。

シルクロードミュージアム_日本庭園

花壇に植わっている可愛らしいお花や、大小様々な岩の配置、松などの観葉植物、置物・・・隅々まで丁寧にお手入れなどが行き渡っており、とても素敵な空間でした!

まさに、展示品の舞台である“博物館そのもの”も作品のひとつですね。

館内へGO!

昔ながらの引き戸式の玄関(入り口)から入り、入館料を払っていざ館内へ。
「ようこそ」と優しく出迎えてくださったのは事務局長の丸尾さん。
そのまま館内、そして展示品の案内をしてくださいました。

シルクロードミュージアム_古民家

この日はちょうど学生さんが見学に来ていました!

館内は落ち着いた和室。
暖色系の照明と木造平屋が趣のある、癒しの空間を創り出しています。

注目すべきは窓ガラス。

シルクロードミュージアム_窓ガラス

歴史ある古民家にふさわしく、一部の窓ガラスは明治時代に作られたものなのだそう・・・!
100年以上も前に造られたガラスにも関わらず、とてもきれいな状態で保たれていました。
お手入れや保存状態がきちんとされているからこそ、こんなにきれいな状態を保っているのですね。
「当時のガラスは今のように平らなガラス造りはできなくて、少し凸凹しているのが特徴」とのことなのでじっくりと見てみると・・・

シルクロードミュージアム_窓ガラス2

発見しました!微かに凸凹としています。
このような窓ガラスは今となっては貴重なものだそうですよ。

この記事の関連タグ

0件のコメント

シルクロード文化を直接感じる博物館について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事