ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

風紋を見よう!冬の中田島砂丘

「日本三大砂丘」のひとつともいわれる中田島砂丘。
広大な砂の丘と、その先に見える見渡す限りの太平洋は開放感でいっぱい!
浜松市を代表する観光スポットです。

中田島砂丘冬_石碑

今回はそんな中田島砂丘の「冬」の魅力を徹底調査!その結果をご報告いたします!

中田島砂丘ってどんなところ?

浜松市民であれば中田島砂丘に行ったことがあるという方も多いかと思いますが、そもそも「砂丘」とは何かご存知ですか?

砂丘とは?
風によって運ばれてきた砂が堆積し、丘状の地形になっているところ。

気になるのが砂漠との違いですが、砂漠は「降雨量が極端に少なく、岩石や砂礫からなる広大な荒地」のことを指します。その定義はなんと年間降雨量250mm以下!
砂が堆積してでき、年間降雨量2000mm以上の中田島は砂丘にあたる、というわけです。

中田島砂丘は太平洋海岸沿いに位置する「海岸砂丘」。鳥取砂丘をはじめ、日本列島で見られる砂丘のほとんどがこの海岸砂丘です。

中田島砂丘冬_砂丘風景

中田島砂丘、いろいろやってる!

観光地としての知名度が高い中田島砂丘ですが、実は観光以外にも様々な用途で活用されているんですよ!

初日の出スポットとして

初日の出は、冬の中田島砂丘の魅力のひとつ!太平洋の水平線から昇る初日の出を見ようと、毎年多くの人が訪れます。当日は臨時バスも運行。来年の初日の出は中田島砂丘で見てみませんか?

中田島砂丘冬_水平線

太平洋の水平線

アカウミガメの産卵場として

毎年、5月中旬から8月下旬にかけてアカウミガメが産卵にやってきます。水はけがよく、防風林で遮断されており、満潮時でも海水に浸かることのない遠州浜=中田島砂丘はアカウミガメにとって絶好の産卵地。NPO法人による保護活動も盛んです。

中田島砂丘冬_ウミガメ

この記事の関連タグ

0件のコメント

風紋を見よう!冬の中田島砂丘について、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事