ハマラボは「浜松の魅力」を浜松周辺に住んでいる人にお届けする地域密着の情報サイトです。

調査内容

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

今年(現在 2019年)の7月にリニューアルオープンした浜松科学館みらいーら。
オープン初日には、来館者が長蛇の列をつくり話題になりました。
ハマラボスタッフも遅ればせながら、気になる館内を取材。

本日は、事業企画グループの藤江さんに館内の見所を案内していただきました。

科学がもっと好きになる。スタッフさんとのコミュニケーションを楽しもう!

みらいーらコア

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

建物の中心にドーンと位置するのは、「みらいーらコア」。
巨大なスクリーンのついたステージでは、毎日、浜松科学館のサイエンスチームによるサイエンスショーが行われます。
この日の午前中に開催していたサイエンスショーのテーマは「風」。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

四角や丸の発砲スチロールが風の力で浮かぶのかを実験中。
サイエンスショーの演示を行うのは、うえちゃんこと、上野さん。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

特製の道具を使って風の流れを観察。
風で物が浮くのはどういう条件下なのかをいろんなもので試して探っていきます。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

子どもが大好きな飛行機の仕組みを解説

さらにそれを踏まえ、私たちの身の回りでどんなものが風の力を利用しているのか、わかりやすく解説してくれました。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

こんなものまで浮かべちゃうの?

ボールにとどまらず、いろんなものを浮かしまくるうえちゃん。
ついつい取材を忘れて見入ってしまいました。
素晴らしいショーを見せてくださった上野さんにみらいーらのサイエンスショーについて伺いました。

── 本日のテーマは「風」でしたが、ショーを構成する上で考えていることなどありますか?

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら 「日常の現象をわかりやすく、ということを念頭に置いて考えています。
みなさんが自分でできる実験や身の回りで体験できることをテーマに今回の風の実験は考えました。
たまに、液体窒素なんかを使った実験ありますよね。あれは科学館だからできる特殊な実験。もちろん、僕らもそういった実験をすることもあるのですが、「風」って必ず僕らの身の回りで吹くもの。だから、特殊な器具がなくてもドライヤーでできるのかな、とか自分でやってみたいとか、それ知ってるよって思ってもらえるような親しみのある実験を心がけました。」

── 確かに親しみがあって身近なものだと興味がわくかもしれませんね。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら 「身近な「風」ってこんなパワーがあるんだ、こんなふうに使えるんだということを知ってもらえたら嬉しいです。
風の他にも、空気だとかシャボン玉だとか、小さい子も知っているようなものをテーマに、かつ、いろんな人が楽しめるようにたまに難しいものも混ぜつつ、緩急をつけながら考えています。」

── サイエンスショーを見に来る子ども達にメッセージをお願いします。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら 「いろんな実験をやります。メニューもどんどん増やしていきます。
難しく考えずに、まずは気楽に楽しんでもらえたら嬉しいです。笑いながら自然に科学について学べちゃう、そんなお得なコーナーになってますので、ぜひ、遊びにきてくださいね!」

現在5種類の演目を用意してスタートしたサイエンスショーですが、夏休みの時期にはもう1種類増えるとのこと。

風の実験も、実は本日のショーには出てこなかった別のネタがあるのだそうです。
これは、いつ見にいっても楽しむことができそうですね!

サイエンスショー詳細については公式サイトから
サイエンスショー | 浜松科学館:https://www.mirai-ra.jp/event/2039/

みらいーらテーブル

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

ステージの真裏には「みらいーらテーブル」があります。
ここでは、10分〜15分の短い時間で体験できるワークショップが開催されます。
予約なしで楽しむことができますよ。

ワークショップの内容は毎週変わります。
15日までは「タネの模型を飛ばしてみよう」というワークショップを開催しています。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

参加のためのチケットは、テーブル横に設置してある卵型のガチャガチャで発券しています。
チケットを買うだけで、すでに楽しい。

タネの模型ということで植物のタネの形を参考に作ったアイテムを作成します。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

モチーフとなった植物の標本

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

実際に種の模型を飛ばしてもらう

せっかく飛ばしてもらった種の模型なのですが、舞い降りるのが早すぎてシャッターが追いつきませんでした。
二つの葉がヘリコプターのようにくるくると回転し、とても綺麗でした!
興味の湧いた方はぜひワークショップに参加して、ご自分でつくってみてくださいね。
つくったアイテムは持って帰ることができますよ。

また、事前申し込みのイベントも定期的に開催されており、もっと本格的な実験や工作を楽しむことができます。ものづくりラボとサイエンスラボという会場で開催されます。

アクティブ展示解説

サイエンスショーやワークショップの他にも、気軽にその場で参加できる「アクティブ展示解説」もあります。
浜松科学館のスタッフの方による解説を聞きながら展示を体験するので、理解が深まります。
「パスカルの椅子」の解説を聞きました。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

スタッフの三島さん「天気予報でも聞くヘクトパスカル。パスカルって実は人の名前なんですよ。」

その場で解説を聞いていた男の子二人を圧力の力を借りて、私の体重で持ち上げる実験。
男の子「えー、二人って結構重いと思うけどなあ…」

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

「あがった!」みるみる上がっていく椅子にくぎ付けの二人

時間にして5分ほどの解説で気軽に参加できます。学びながら実験でき、その時疑問に思ったことをその場で詳しい人に聞けるので、子供達の好奇心に火をつけるきっかけになりそうだなと感じました。

常設展5つのゾーン

常設展のテーマは大きく分けて、自然、光、宇宙、音、力の5つ。
まずは1階の自然ゾーンからご紹介します。

自然ゾーン

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

浜松の自然環境をテーマにしています。
暮らしているとなかなか改めて考えることもないのですが、浜松の自然環境はとても豊か。
海も平野部も山間部も湖も川もある素敵な環境で、浜名湖は海水と淡水が混ざった汽水湖(きすいこ)で全国的にも珍しい湖。

そんな豊かな自然のなかでどんな生き物が生活しているかを学ぶことができます。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

湖や山など、実際に市内で撮影をした写真を映し出したパネルは、タッチをするとそこで暮らす動物が表示されます。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

さらに、未来を感じたのは生き物を観察するコーナー。
スケールを変えながら観察できるこちらのコーナーは、自分の目、虫眼鏡、顕微鏡、デジタルスコープの4つの方法で観察できるようになっています。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

並んだ標本は板ごと持ち運べる

盛り上がること間違いなしなのがこちらの装置。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

円形スクリーンの右側(下の写真を参照)に標本をセットすると標本のアップが円形スクリーン映し出される仕組み。トラックボールを操作すると、映像も動かすことができます。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

縮小、拡大もボタン操作で可能。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら 「普通の顕微鏡って一人でしか覗けないんですよね。こういう形にすることで複数名で見ることができて、よりコミュニケーションが生まれると思います。」

友達同士で観察して発見したことを言い合ったり、親子での会話も弾みそうですね。

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーら

デジタルスコープ

この記事の関連タグ

0件のコメント

遊びながら学ぶ。新しくなった浜松科学館みらいーらについて、お気軽にコメントしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事